モテたい奴はバーテンダーに慣るべし!!

「BAR屋」という仕事の魅力

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

突然ですが、

 

 

モテたいですか?

 

 

※今回の内容は、どちらかというと「異性にモテたい!」人よりも、「人としてモテたい!」という方に向いてると思います。ご了承ください。

「何言ってんの?」って感じだと思いますが、断言したいと思います。

 

 

「バーテンダーはモテます!!」

 

 

興味出ました?

 

 

言うても、チャラい職業”3B”に選ばれているくらいですからね笑。

(”3B”とは、チャラいと思われている「美容師」「バンドマン」「バーテンダー」の頭文字を取った造語)

 

 

僕がここまで「バーテンダーはモテる!」と断言しているのには、3つの理由があります。

 

 

 

 

 

ひとつずつ説明していきますね(*^-^*)

 

 

①恰好良いマナーを手に入れることができる

バーテンダーってですね、まず何が必要かって「マナー」なんですよね。

しかも「格好良いマナー」です。

 

つまり、普通に生活していたら知らなくてもいいジャンルを学べるということです。

 

たとえば、外食をする時。

普通に注文して、商品が届けられたら食べて飲みますよね?

終わったら会計をしてお店を出ますよね?

 

至って普通の話ですけど、僕たちはそこで過ごす時間にイケてる要素、つまり「格好良いマナー」を注入することができるんです。

 

具体的に言うと、

・店員さんに対して親切な対応をすることができる

(親切に対応してくれるお客様は神だということを知っているため。特に新人さんには声を掛けたりします。「ゆっくりでいいですよ(*^^)v」とか)

・ちょっと提供が遅くてもイライラせずに楽しめる

(お店の状況次第でよくあることだと知っているため。もし相手がソワソワし始めても上手に会話の流れを持っていけます)

・料理の振り分けが自然

(仕事でやっているので「今、僕、気が利く男やってます感」なくできるため)

・帰る時にテーブルを簡単に片づける

(店員さんの労力を少しでも抑えてあげたいため)

 

これらってつまり、「優しい人」って印象に繋がりますよね?しかも、「こうしたらモテる!」とか考えてやってるわけじゃないんです。あざとい行為じゃない。その証拠として、至って自然に振る舞ってるんです。だって、日頃から行っていて、そして体感していることなので。

 

②格好良い環境下で自分を魅せることができる

バーってですね、その空間自体がお洒落なので自分を良く魅せるには最適な場所なんですよね。

 

スウェットより一張羅で街に繰り出した方が同じ自分でも格好良く見えますよね?自分のポテンシャルの有無は関係ないわけです。

 

つまり、バーにいるだけで既にいつもの自分よりもイケてるってことです。

 

しかも、バックバーには沢山のボトルが並んでいて、どこか非日常的な景色。制服も着ていて非日常。

 

あとは己の気配りやコーディネイト、つまりプレイで魅せるだけ。

 

ピーマンだけ用意すれば青椒肉絲ができるようなものです。

(たとえが安っぽいですね笑)

 

③ひたすら対人慣れできる

モテる人って往々にしてコミュ力が高いと思いませんか?

 

僕が知りえる限り、モテる人はイケメンだとかお金持ちだとか、そういった類の理由じゃなくてシンプルに「話してて楽しい」「気を遣う時間を持たせない」「自然体でいられる」といった印象を与えることができる人だと思います。

 

バーテンダーはその点において、日々実戦形式での訓練ができる仕事だとお考え下さい。

 

コンビニの店員さんや居酒屋の店員さんとは違って、お客様と同じ時間、同じ空間を共有する時間が非常に長いのがバーテンダーの仕事の特徴です。

 

その同じ時間を共有している間、どのタイミングで話しかけたらいいか。どんな切り口から入ればいいか。どこから聞けばいいか。どこまで聞いていいか。どこで離れるべきか。離れない方がいいか。話題を変えるか。変えずに深く追うべきか・・・・・・。

 

めちゃくちゃ頭を使うんです。そして多くのお客様と接していくうちにどんどんパターンが蓄積されていきます。そして、そのパターンをもとに会話を作り上げていくことに慣れていきます。

 

つまり、相手の時間にコミットする能力が上がるんです。

 

最初は人見知り全開でぎこちない空気になることもあるでしょう。でも、そこで「やっぱ人とと話すの苦手だな・・」って思わないでほしいんです。徐々にノウハウが溜まっていって、気付いたら自然に言葉が出るようになりますんで。

 

まとめ

モテる要素って沢山あると思いますが、上記の3つを手に入れた時、今までの人生が変わりますよ。

 

実際に僕は元々「不登校経験有」「15歳で夜泣き経験有」「目を見て話せない時期有」などなど、表社会で何度も躓いてきたような男の子だったんですから。

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。