合コンを成功させたければ、バーテンダーを連れて行きましょう

「BAR屋」という仕事の魅力

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

恋人がいない仲間たちを集めて合コンを開催することになったあなた。幹事であるあなたの役割はとても重要です。どんなお店を選び、どんな料理をチョイスするか、お相手側はどんな人たちで、どんなシチュエーション希望なのか。そして何よりも「場が盛り上がるかどうか」という点がいちばんの不安材料でもありました。

 

 

あなた:「楽しみだなー合コン!!でも、ちゃんと盛り上がってくれるかな・・・僕、あまり面白い話とかできないし・・・不安だな・・・」

 

 

あなたの仲間は決して性格的に暗くはありません。ただ、初めて会う人たちとうまく会話を紡ぐことができるかどうかは未知数。ハマれば盛り上がる、ハマらなければ・・・そこに待っているのは地獄絵図です。

 

 

あなた:「仲間たちに期待するか!!それか、だれか助っ人でも呼ぶ??どうしようかな・・・」

 

 


合コンの幹事を任されると、あれこれ決めることも多いし、考えることも多くて大変ですよね。特に「盛り上がるかどうか」という点は、いざ合コンが始まってみないとわからない部分でもありますので、ギャンブル的要素が強いことと思います。

 

 

そんな不安だらけの合コンを、確実に成功させるための方法があります。それは、「バーテンダーを連れて行くこと」です。

 

 

バーテンダーをひとり合コンに連れて行くだけでその場はあたたまり、会話も弾む。そのおかげでおいしく料理を食べることができ、お酒もすすむ。そして高確率で「二次会行く??」的な流れが生まれます

 

 

ってことで今回は現役BAR屋の僕が、「合コンを成功させたければ、バーテンダーを連れて行きましょう」というお話をさせていただきます。自分の職業を褒め称えまくりますが笑、ま、もし合コンの幹事に抜擢された時にはひとりバーテンダーを連れて行けば万事うまくいきますよ。では!!

 

 

合コンを成功させたければ、バーテンダーを連れて行きましょう

合コンを成功させる方法はたったひとつ。それは「相手側に『楽しい!!』と感じてもらうこと」です。シンプルな話ですよね、お互い「初めまして!!」で始まり、どんな人なのかを探りながら過ごす約2時間の間で、いくつ相手側の笑いを生み、どれだけ会話を弾ませることができるかどうかが重要です。

 

 

そんな合コンにおいて、なぜバーテンダーを連れて行きましょうという話になるのか。それはとてもカンタンな理由で、「バーテンダーは日々さまざまなお客様と会話をしているから」、つまり、「初めて会う人と会話をすることに対する抵抗感が薄い」ってことです。

 

 

合コンが盛り上がらない理由は、「初めまして!!」からあとの会話が続かなかったりギクシャクしたりすることが原因です。別にタイプの異性が目の前にいなかったとしても、飲み会として「楽しい!!」と相手側に感じてもらうことができればそれで合コンとしては成功です。

 

 

じゃあ、「楽しい!!」と相手側に感じてもらうのに必要なことってなんでしょう??それは「会話が弾むこと→笑いが生まれること」です。

 

 

たとえば、合コンで席に着いた直後に一発ギャグをかましたって、「え?なに?」ってドン引きされて終わりですよね??笑

その一発ギャグがたとえどれだけ面白いネタだったとしても、いつどのタイミングで繰り出すかを考えないと撃沈するのは見え見え、確定です。

 

 

で、笑いを生むネタを繰り出すタイミングを掴むためには、会話を弾ませる必要があるわけです。相手側の心のカギを開けてもらうために。自分たちを受け入れてもらうために。

関連記事:お客様を笑わせることが「BAR屋」の仕事の真の本質

 

 

そこで登場するのがバーテンダーです。初めて会う方との会話なんて日常茶飯事であり日々の仕事内容です。「みなさん、お友達なんですか??」「ふだんはどんなお酒を飲むんですか??」「このお店知ってました??」「この辺でごはん食べたりします??」などなど、ま、このまま書き続けたら終わらないのでこの辺でやめますが笑、会話のきっかけなんて合コンには星の数ほど存在するんです

ひとつひとつの質問を見ると別になんの変哲もない、たいして面白くもない内容ですけど、続けていくことによってだれも予測できない方向に話が流れたりします。その流れに乗った会話はほぼほぼ盛り上がります。特に恋愛にまつわる話になった時はもうこの合コンの成功は確定です。そのきっかけを確実に作ることができるのがバーテンダーです。

関連記事:バーテンダーが磨くべきものは?

 

 

まとめ

「合コンを成功させたければ、バーテンダーを連れて行きましょう」というお話をさせていただきました。

 

 

バーテンダーはお酒に詳しいだけじゃないんです。コミュ力も必要な仕事なんで。「初めまして!!」の方々が集う合コンは、バーテンダーの本領をプライベートで見ることができる貴重な場です。

 

 

もし、合コンの幹事を任された時には、知人友人のバーテンダーを召喚しましょう。あなたの合コンに対する不安はきっと杞憂に終わることでしょう。

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。