[甘いカクテルが苦手なあなたへ]現役BAR屋が心からオススメする5つのカクテル

オススメのカクテルご紹介

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

先輩の行きつけのバーに連れてきてもらったあなた。普段はビールやハイボールばかりを飲んでいるので、メニュー表を眺めても何が何だかわからずに、ひとりワタワタしていました。

 

 

先輩:「何飲む?」

あなた:「そうですね、いつもビールとハイボールばかり飲んでいるので、何を頼めばいいかよくわからなくて・・・」

先輩:「たしかにそうだよね!ここは生の果物を使ったカクテルが人気なんだってよ!試しに頼んでみたら?」

あなた:「そうですね!じゃあそれにしてみます!」

 

 

ということで、先輩に言われるがままい頼んでみた生の果物を使ったカクテル。出てきたのはたっぷりの苺を使ったオシャレなカクテル。さっそく一口飲んでみたあなた。

 

 

あなた:「(ゲゲッ”(-“”-)”めちゃくちゃ甘いじゃん!わたし、甘いの苦手だからこれはきついぞ!飲み切れるかわたし!!)」

 

 

先輩の顔もあって、「美味しいですー(*^▽^*)」なんてリアクションはしたものの、予想以上の甘さに腰が抜けそうになったあなた。

 

 

あなた:「世の中はみんなはこんな甘いカクテルを美味しいと思って普段から飲んでいるのか!(*’▽’)」

 

 


甘い飲み物が苦手な人って多いですよね。ですが、普段あまり行かない「バー」に先輩が連れて行ってくれた時は言われるがままにオーダーするしか方法がないなんて状況もあることでしょう。そして、そこで出てきたカクテルがめちゃくちゃ甘いなんてことも全然あるはずです。

 

 

ということで、そんなあなたのために今回は現役BAR屋で、甘いカクテルは飲まないけど作るのは大好きな曲がった性格の僕が、「甘いカクテルが苦手なあなたへ!現役BAR屋が心からオススメする5つのカクテル」をご紹介させていただきます。知っておくだけで、どこのバーへ行っても自分好みの甘くない1杯を楽しめること間違いなしです。ぜひご参考に!では!

 

 

[甘いカクテルが苦手なあなたへ]現役BAR屋が心からオススメする5つのカクテル

 

 

 

 

①ジンリッキー

ジンをソーダで割ってライムを軽く絞っただけのシンプルなカクテルです。ジンの清涼感とライムの爽やかさでサクサク飲めちゃいます。

 

 

また、完全糖質0gのカクテルです。ライ〇ップに通っている人でも心置きなく飲めますよ笑。

 

 

②シーブリーズ

ウォッカにグレープフルーツジュースとグランベリージュースを合わせたカクテルです。非常に飲みやすい口当たりとネーミングが某制汗剤と同じということで地味な人気を博しています笑。

 

 

③カンパリソーダ

イタリアのビターオレンジを原料としているリキュール「カンパリ」をソーダで割ったシンプルなカクテルです。苦みの効いた炭酸飲料というイメージで飲んでいただけたらと思います。

 

 

ちなみにですが、「カンパリ」というリキュールはバーテンダー業界では非常に人気があります。僕も大好きです。

 

 

④スプモーニ

イタリアのビターオレンジを原料としているリキュール「カンパリ」にグレープフルーツジュースを少し加えて最後にトニックウォーターで割ったカクテルです。

 

 

カンパリ特有の苦みとグレープフルーツの苦み、トニックウォーターの苦みという「3つの苦み」が重なったまさにさっぱり系カクテルの象徴です。

 

 

 

➄スプリッツァー

白ワインをソーダで割っただけのシンプルなカクテルです。

 

 

白ワインの種類にもよりますが、ほぼほぼ甘みはなく、「これ、ただの炭酸水じゃないですか!?」と突っ込まれそうなくらいにクリアな味です。

 

 

まとめ

[甘いカクテルが苦手なあなたへ]現役BAR屋が心からオススメする5つのカクテルをご紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

カクテルは甘いものだけじゃないんです。さまざまなシチュエーションに対応できるドリンクのカテゴリー、それが「カクテル」。そして上記の5つのカクテルは「チーム”甘くないカクテル”」の先頭集団を走るエリートたちです。しかもどこのバーでも必ず作ってくれる超有名なものばかりです

 

 

ぜひ、一度口にしてみてはいががでしょうか?

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。