赤ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

Red and white wine splash
オススメのカクテルご紹介

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

「好きなお酒は何ですか?」と質問をされた時に「赤ワインです!」と即答するくらい赤ワインが大好きなあなた。今ではコンビニでも安くて美味しい赤ワインが手に入るようになり、より気軽に赤ワインを楽しみことができる環境ですし、赤ワインに含まれる「ポリフェノール」の健康への影響なんかも注目されていますからね、最高の飲み物な感じさえします。ちなみに僕も無類の赤ワイン好きで、夏場はベランダでひとり焼き肉をしながら赤ワインを飲みつつ読書をするという趣味を作り出してしまったくらいです。今年の夏は誰か一緒にベランダ焼き肉しましょう(はい、どうでもいい話”(-“”-)”)。

 

 

 

そんなあなたへ今回は現役BAR屋で、いつも行くダイニングバーで赤ワインを飲みすぎて店員さんが多めに赤ワインを注いでくれるようになって嬉しく思っている僕が、「赤ワイン好きなあなたへ現役バーテンダーがぜひ紹介したい3つのカクテル」のお話をさせていただきます。

 

 

あなた:「え?わたしはそのまま飲むのが好きなんです!カクテルになんてしなくていい!興味ないんで今回は読みません!」

 

 

まあ、そんな言わないで笑。僕もカクテルにしないでそのままグラスで飲むのが好きなので気持ちはわかりますよ。ですが、もしお連れ様があまりワインが好きじゃなかったり、あなたが好きな国や品種のワインがお店になかった場合はカクテルという選択肢も持っておいて損はないと思います。また、自宅に友人を招く機会、ま、ホームパーティーってやつですね。もし開催するご予定がある方は自宅でも簡単にお洒落なカクテルが作れちゃうのも赤ワインの特徴です。つまり、ワインはそのままでもカクテルでも万能なお酒なんです。ってことでさっそく始めます!

 

 

赤ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

 

 

 

 

①アメリカンレモネード

なんかカッコいい名前のカクテルですよね。「アメリカのレモネード!?」みたいな笑。ま、このカクテルを簡単に説明すると、赤ワインの水割りにガムシロップとレモンジュースを入れたカクテルです。

 

 

あなた:「え?赤ワインを水で割るの!?美味しくなさそう!」

 

 

確かに赤ワインを水で割るって聞くとあまり美味しそうには聞こえませんよね。ですが、そこにガムシロップとレモンジュースが入るんです。すると劇的に美味しくなります。イメージ的には市販されているビタミンレモン的なジュースに赤ワインを混ぜる感じです。炭酸が入っていなくて飲みやすく、赤ワインの分量が自由自在に調整可能なのでお酒の濃さも選べます。

 

 

また、赤ワインを最後に加えると糖分量の関係できれいな二層に分かれます。これがまたキレイなんですよね。少しお洒落なカクテルを飲みたい方にはうってつけです。

 

 

ちなみに、自宅で作る時は市販の人口レモンジュースでぜんぜん美味しいです。こだわりたい方は生のレモンを絞ってもいいですが僕的には生のレモンジュースよりも人口レモンジュースの方がアメリカンレモネードは美味しいと考えています。

 

 

 

②カリモーチョ

赤ワインをコーラで割ったカクテルです。日本で販売されているコーラの味じゃなくて海外で売られている謎のメーカーのコーラみたいな味になります。

(ちなみに海外で売られている謎のメーカーのコーラを僕は飲んだことないですけど笑。あくまでイメージの話です)赤ワイン初心者の方にはオススメなカクテルです

 

 

また、自宅でつくる場合は大きめのペットボトルのコーラさえ用意しておけばかなりの杯数を作ることができます。めちゃくちゃ手間いらずで安く済む。最高なカクテルです。

 

 

③カーディナル

赤ワインにカシスリキュールを加えたカクテルです。あまりメジャーではないんですけどいうなれば「甘い赤ワイン」みたいな感じになります。赤ワインが苦手な人ってみんな同じ理由で赤ワインが苦手なんですよね。その理由が、

 

 

赤ワイン苦手君:「なんか渋いじゃん!」

赤ワイン苦手さん:「変に舌に残るのが嫌!」

 

 

です。たしかに赤ワインには独特な渋みがあって、その渋みを楽しめずに赤ワインが苦手だという人はたくさんいます。ですが、カシスリキュールを加えただけで濃いめのブドウジュースのような味に一撃で変化します。

 

 

自宅でつくる場合は氷を入れたグラスで作ることをオススメします。常温でも美味しいですが冷たい方がよりブドウ感が出てカクテルっぽくなります。ただし、味が甘めになるのでスイスイ飲めちゃうので飲みすぎ要注意です。

 

 

まとめ

赤ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテルをご紹介させていただきました。

 

 

 

 

他にも美味しい赤ワインのカクテルはたくさんあるんですけど、この3つだけ知っておけばさまざまなシチュエーションに対応できるかと思います。せっかく赤ワインを楽しむことができるのであればこの際にぜひ赤ワインを嗜む幅を広げてみたらまた面白いのではないでしょうか。ぜひ機会があれば一度口にしてみてください。

関連記事:白ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。