白ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

Wine. Glass of white wine in wine cellar. Old white wine on wood.
オススメのカクテルご紹介

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

白ワインが大好きなあなた。自宅でも、外食でも、白ワインがあれば必ず飲んじゃうほどの熱狂的白ワイン愛好家。

 

 

あなた:「いやー白ワインは最高だわ!こんな美味しいお酒は他にないね(*^。^*)」

 

 

好きな白ワインの産地はフランス。辛口が好きで、甘口も一緒にいる人によっては口にすることもあるあなた。ですが、中には一緒に飲みに行っても白ワインが飲めない仲間もいます。その仲間からは、

 

 

仲間:「ちょっと!白ワインばっかり飲まないでたまにはバーに行こうよ!」

あなた:「えー?だってバーに行ったら白ワインの種類があんまりないんだもん!」

仲間:「別にいいじゃん!あるやつ飲めば!」

あなた:「じゃあさ、白ワインのカクテルだったら付き合ってくれる?

仲間:「白ワインのカクテル?そんなのあるの?」

あなた:「あるある!美味しいよ!(飲んだことないけど笑)」

仲間:「そうなの?だったら飲んでみるよ!てかなんで一緒のものを飲みたがる?笑」

あなた:「なんとなく(*’▽’)」

 

 

ぜんぜん白ワインのカクテルなんて知らないのにノリで仲間にハッタリをかましてしまったあなた。これで一緒に白ワインのカクテルを飲むことが決定。ですがいったいどんな白ワインのカクテルがあるかわからないのでオススメすることも今はできません。

 

 

あなた:「白ワインでオススメのカクテルっていったい何ですか!?」

 


ワインって好きな人とそうじゃない人がはっきり分かれるお酒ですよね。僕が働いているバーのメンバーも、「赤が好き!」「白が好き!」「どっちも飲めるけど具合悪くなる!」「ほとんど飲めない!」みたいに意見がかなり割れます。

 

 

ですが、「せっかくならみんな、白ワインと仲を深めてほしい」と切に願っているあなたのために今回は現役BAR屋で、昔ひとりで白ワインを一本飲み切って元気よく二日酔いになった僕が、「白ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル」をご紹介したいと思います。紹介させていただく3つのカクテルは実際にさまざまなお客様からオーダーをいただく人気カクテルなので、どこのバーへ行っても間違いなく作ってもらえます。この際に覚えておきましょう。では!

 

 

白ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

 

 

①スプリッツァー

白ワインを炭酸水で割っただけのドシンプルなカクテルです。使用する白ワインが辛口であれば甘みは限りなくゼロなので、甘いカクテルやジュースが苦手な方でも気軽にすっきりとした味わいを楽しむことができます。また、アルコール度数は5%~6%なので口当たりも優しく、食後でも重たくないです。

 

 

②オペレーター

白ワインをジンジャーエールで割ったカクテルです。スプリッツァーよりはやや甘めですが、すっきりとした味わいです。アルコール度数もスプリッツァーと同じく5%~6%なので、急激に酔ってしまうこともないでしょう。

 

 

③キール

白ワインにカシスリキュールを加えたカクテルです。味は「ベリー風味の白ワイン」です。甘くて炭酸も入っていないので、ゆっくりと時間に身を任せながら楽しみことができる大人の一杯です。

 

まとめ

白ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテルについてお話させていただきました。

 

 

 

最後に現役BAR屋の僕から、白ワインのカクテルの裏話をひとつ。

 

 

今回はご紹介した3つのカクテル。どちらも有名で美味しいカクテルなのでどんなバーに行っても間違いなく作ってもらえます。そして重大発表です。

 

 

ご紹介した3つのカクテル以外に有名で美味しい白ワインのカクテルはありません。つまり、「ぜひ紹介したい!」というより「この3つくらいしか白ワインの有名で美味しいカクテルなんて存在しないからお伝えしておきますね!」というのが本心です。

 

 

あなた:「え!?他に美味しいカクテルはないんですか!?」

 

 

ないんですよ。カクテルブックには他の白ワインのカクテルのレシピはもちろん載っているんですけど、どれもこれも正直微妙な味すぎてぜんぜんお客様にオススメする気になれないものばかりです。なので今回ご紹介した3つだけ知っておけばこの先何の問題もなく白ワインライフを楽しみことができると思います。それ以外の白ワインのカクテルを口にすることはよほどのことがない限り経験することはないでしょうし。

 

 

ちなみにですけど、白ワインを使った美味しいカクテルはいくらでも作れますよ。オリジナルレシピで良ければ。実際、僕は働いているバーで毎月企画しているフェアーでは白ワインを多用しています。作りやすいんですよね、アルコール度数は低いし、味もあまり主張してこないので他のお酒やジュースと合わせても仲良くしてくれるので。

 

 

 

結論、白ワインはきっとカクテルにするよりもそのままの味を楽しむのがいちばんなんでしょうね。有名で美味しいカクテルが全然生まれてこなかった歴史がすべてを物語っているような気がします。

 

 

おわり。

※赤ワインのおすすめカクテルは以下より。ちなみに、白ワインのカクテルより赤ワインのカクテルの方がバリエーション豊かなです。

関連記事:赤ワイン好きなあなたへ現役BAR屋がぜひ紹介したい3つのカクテル

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。