[自称”お酒強い女子”様へ]美味しく酔える魔法のカクテル5選

Close up of woman drinking cocktail at the poolside. Female having a drink while by the swimming pool.
オススメのカクテルご紹介

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

「みんなカクテルが好きだから合わせて飲むんですけど全然酔えなくてつまんない・・」

「ホントは日本酒やワインが飲みたいけどしょうがなくカクテルを付き合うんですけどお酒を飲んでる感じがしないんです・・」

 

 

なんて悩みをお持ちの女性もいるのではないでしょうか。

 

 

「でも、せっかくなら美味しいカクテルで心地よく酔いたい!」

「気分が上がるカクテルがあるのならぜひ知りたい!」

 

 

そうですよね。周りの知人友人ばっかり楽しめて自分ひとりだけシラフで蚊帳の外なんて寂しすぎますからね。

 

 

ということで今回は現役BAR屋の僕が自称”お酒強い女子”様へオススメの「美味しくて酔えるカクテル」を5つご紹介したいと思います。

 

 

今まで楽しめなかったカクテルの世界の扉、もう一度開いてみるいいきっかけになればと思います。では!

 

 

[自称”お酒強い女子”様へ]美味しく酔える魔法のカクテル5選

 

 

 

 

①コスモポリタン

ウォッカにオレンジのリキュール、ライムジュース、クランベリージュースを加えたショートカクテルです。

関連記事:カクテルにおける「ショート」と「ロング」の違いについて

 

 

甘さ控えめのさっぱりとした口当たりと赤っぽいキレイな色が女性の心を掴んでいるように思います。海外ドラマ「セックス&ザ・シティ」の中にも登場したこともあり、海外ドラマ好きな方がオーダーしてくれる時もあります。

 

 

②フレンチコネクション

ブランデーに「アマレット」という杏仁豆腐の味がするリキュールを加えたカクテルです。強烈なアルコール度数を誇りながらもブランデーとアマレットの甘さが手伝って気付いたら思わず飲み進めてしまっている、そんな1杯です。ちなみに僕が大好きなカクテルのひとつでもあります。

 

 

③マタドール

テキーラにパインジュースと少しのライムorレモンを加えたカクテルです。

 

 

「テキーラ?あまり好きじゃないんですよね」

 

 

そんな方でも美味しく飲めると思います。たぶん笑。パインジュースの甘みが上手にテキーラの味と香りを閉じ込めてくれていますので。

「ホントにテキーラ無理なんです!」ってレベルの方はやめておいた方がいいです。閉じ込めているとはいえ多少はテキーラの風味が残っているので

 

 

④ジャックローズ

リンゴのブランデー「カルヴァドス」にライムジュースとグレナデンシロップ(ザクロ風味の赤いシロップ)を加えたショートカクテルです。

 

 

カルヴァドスの風味にライムの爽やかさとグレナデンシロップのほどよい甘さがマッチした1杯です。

 

 

ちなみに僕も大好きです。カルヴァドスはホントに美味しく酔える良いお酒笑。

 

 

➄ロングアイランドアイスティー

4種スピリッツ(ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ)にオレンジのリキュールとレモンジュースorライムジュース、砂糖を加えて最後にコーラで割るカクテルです。

 

 

こんなにたくさんのお酒が混ざっているカクテルは非常に稀です。しかもどれもこれも強烈なアルコール度数を誇るお酒ばかり・・。

 

 

ですが、砂糖とコーラの甘みがそのアルコール度数を緩和してくれています。お飲み進めると一気に酔いが回る、そんなイメージの1杯です。

 

 

まとめ

[自称”お酒強い女子”様へ]美味しく酔える魔法のカクテルを5つご紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

どれも基本的にはアルコール度数が比較的高いカクテルになっております。ただし、バーによってカクテルのレシピはさまざまです。どこのバーでオーダーしても同じ味ではないですし同じアルコール度数ではありません。

(ちなみに僕が作るとコスモポリタンやロングアイランドアイスティーは優しい味わいです。「3杯飲めるカクテル」を目指しているからそのようなレシピにしてあります)

関連記事:昔、先輩に言われたカクテル作りにおけるひとつの極意

 

 

もし、本気で酔いたいなんて日があればバーテンダーにこう一言お伝えください。

 

 

「お酒濃いめでお願いします!」

と。

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。