クズ大学生だった僕のバーテンダー駆け出しの頃の話

nicccyの過去を赤裸々に晒す

こんにちは(*^-^*)西舘です。

 

 

21歳の時に某有名企業のバーにアルバイトとして入社することができたわけですけど、結論から言うとですね、

 

 

全くの場違い感と、それに付随して、店として完全に戦力外だったんですよね。

 

 

社員の方3名は全員年上で、経験もそれなりに豊富(現在、一人は企業、一人は高級バーの店長兼協会のエリアマネージャー、一人は僕の後輩たちも絶大な信用をしているパブの兄貴的存在)。

 

 

アルバイトの仲間たちも意識が高い(彼らほぼ全員が後に別店舗でトップになったり、アジアの大会で優勝したりしたことが証拠)。

 

 

そんな中に、カラオケボックスでのアルバイト経験を盾にして、そして、前職のピザ屋を「面白くないんで辞めます!」って店長に堂々と言って辞めたような生意気大学生が入ったわけです。

 

ま、そりゃ先輩たちに付いていくことなんて当然できなかったわけです。

 

 

でも、「俺、仕事出来るし!」「今までの経験あるし!」「カクテルの本とか結構読んでるし!」みたいな無駄な自信だけは兼ね備えていたんですよね。

 

 

結果、日々お叱りを受け続ける毎日・・・。

 

 

言われたことはすぐ忘れるし、そのくせメモったりもせずに、「大丈夫です!」とか言って翌日また忘れて、「だからメモれって言ったしょ!」と言われる無能さ。

 

 

ちなみに後日談ですが、当時のメンバー間では、「あいつ、いつまで続くと思う?」みたいな会話があって、賭けをしていたそうです笑。

 

 

こんなどうしようもないクズ大学生でしたが、「なりたかった自分」を忘れなかったんです。そしてコツコツやってたら気付いたら店長になってました。

 

 

駆け出しの頃なんてこんなもんですよ。生意気な口を叩いて、失敗して、そしてそこからどう自分をアップデートしていけるか。それだけなんですよね、必要なプロセスって。

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。