[これって何度くらいあるの?]今飲んでいるカクテルのアルコール度数を自分で計算する方法

Close up of female accountant or banker making calculations. Savings, finances and economy concept. Selective focus.
[必見!]BAR屋が語るお酒の話

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

お酒があまり強くない人にとって重要な「アルコール度数」。ビールやワイン、ウイスキーや缶チューハイにはアルコール度数が明記されていますが、外食をした時に飲んでいるカクテルやサワーはどのくらいのアルコール度数かよくわかりませんよね。

 

 

「もし濃かったら嫌だからレモンサワーにしとこ!」

「思ったよりも甘いな。これなら飲めるかも!」

 

 

なんてなんとなくなイメージだけで飲み進めて、結果具合が悪くなった経験もあることと思います。

 

 

そこで、今回は現役BAR屋の僕が誰でも簡単に目の前のカクテルやサワーのアルコール度数を知ることができる計算式をご紹介します。

 

 

この計算式さえ覚えておけばどんなカクテルやサワーでもある程度のアルコール度数がわかります。宴会でドリンクを選ぶ時やホームパーティーで友人知人にカクテルを振舞う時にぜひお役立てくださいませ。では!

 

 

[これって何度くらいあるの?]今飲んでいるカクテルのアルコール度数を自分で計算する方法

さっそく計算式を発表しますね。

 

 

カクテルorサワーのアルコール度数

=使用しているお酒の度数×使用量÷総分量

 

 

です。

 

 

「え?どゆこと?」

「は?難しいじゃん!」

 

 

 

ま、そうなりますよね笑。なので例題をひとつ出しますね。

 

 

たとえば、レモンサワーのアルコール度数を計算してみます。

 

 

先ほどの式、

カクテルorサワーのアルコール度数

=使用しているお酒の度数×使用量÷総分量

 

 

で行くと、レモンサワーで使用しているお酒は「焼酎」です。焼酎の平均的なアルコール度数は20度~25度です。ちなみにですが、こういった場合は基本的にアルコール度数が高い場合で計算をすることをオススメします。

 

 

もし低い方(20度)で計算したとしたら実際25度だった場合は予想よりも濃いレモンサワーってことになりますよね。あまりお酒が強くない人がその予想よりも度数の高いレモンサワーを飲んで体調が悪くなったりしたら大変ですよね?なので完全にアルコール度数が決まっていないお酒で計算をする場合はアルコール度数が高い場合のお酒を使用した設定にするべきです。

 

 

で、居酒屋さんで出てくるレモンサワーに入っている焼酎の量は30ml~45mlです。この場合も先ほどの基本的にアルコール度数が高い場合で計算することをオススメします。理由は一緒です。

 

 

となると、

使用しているお酒の度数×使用量

=25度×45ml

=1125

 

 

となります。

 

 

次に総分量ですが、これはお店によってまちまちすぎるのでベーシックなグラスの容量であります「1杯130ml」にて計算をします。

(小さすぎなくて大きすぎないグラスはほぼ130mlないしはその前後の量になっています)

 

 

ということは、

使用しているお酒の度数×使用量÷総分量

=25度×45ml÷130ml

=1125÷130

=8.65%

 

 

ということになります。

 

 

つまり、レモンサワーの一般的なアルコール度数は約9%です。

 

 

で、レモンサワーで使用されている材料で焼酎だけがアルコールなのでこのような計算になりましたが、カクテルの場合は2種類以上のお酒が使用されている場合が多々あります。その場合の計算方法もご紹介しておきます。

 

 

たとえば、「チャイナブルー」いうライチ味のカクテルがあります。使用されているお酒は「ライチリキュール」「ブルーキュラソー」の2種類のお酒+グレープフルーツジュースです。

 

 

この場合のアルコール度数の計算はこんな感じです。

(ちなみに僕のバーで使用しているライチリキュール、ブルーキュラソーは共にアルコール度数24度、ライチリキュールは30ml、ブルーキュラソーは10ml使用。総分量は130mlで計算します)

 

 

使用しているお酒の度数×使用量÷総分量

=(ライチリキュール)24度×30ml+(ブルーキュラソー)24度×10ml÷130

=(720+240)÷130

=960÷130

=7.38%

 

 

 

ということになります。

 

 

まとめ

[これって何度くらいあるの?]今飲んでいるカクテルのアルコール度数を自分で計算する方法について書いてみました。

 

 

カクテルorサワーのアルコール度数

=使用しているお酒の度数×使用量÷総分量

 

 

ですべてのカクテルやサワーのアルコール度数が計算可能です。

 

 

ま、ただある程度のお酒の度数を知っていなければ計算できないので少しばかりの学習が必要であることは確かです。

 

 

「えー!!それじゃ簡単に計算できないじゃん!」

「ムリムリー!!」

 

 

はい、すいません笑。

 

 

なので、簡単に計算できるようにこんな一覧を作りましたのでこちらをスクショなりなんなりしておいてください。

関連記事:今飲んでいるカクテルのアルコール度数を自分で計算する用「お酒の基本度数表」

 

 

↑こんな感じのグラスで出てくるカクテルやサワーはすべて計算可能になります。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。