[バー×デート]お酒が苦手な僕でもデートでバーを使っても大丈夫??

Asian businessman get drunk and sleepy with beer on gray background
「BAR」×「デート」

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

明日はずっと気になってた女性と初めてのデート。服装は決めた。待ち合わせ場所もばっちり。1軒目に行く居酒屋も予約した。あとは当日を待つのみ。ゆっくり眠ろう。

 

 

でも、ひとつだけまだ決まっていないことがあなたにはありました。それは2軒目に行くお店。もし女性と1軒目で盛り上がったら「次、どこ行く?」って流れになることは当然。じゃあどこに行く?

 

 

あなた:「やっぱり2軒目はバーだよな!」

 

 

ただ、あなたには不安な要素があります。それは、

 

 

あなた:「でも、お酒って苦手なんだよな僕・・」

 

 

お酒の場は大好きなあなた。ですがたくさん飲むことは苦手。昔、調子に乗って飲みすぎて具合が悪くなったことなんて何度もあるし、でも初めてのデートが1軒で終了なんて嫌だし、でも最初のデートからカラオケみたいな密室の場所に行くのもちょっと気が引けるなとあれこれ考えながらスマホでどっか良い2軒目がないかと探しています。気付けば時間は深夜2時・・・。

 

 


初めてのデートの2軒目でどこに行くかはとても重要ですよね。チェーンの居酒屋のハシゴなんてぜんぜんテンション上がらないし、でも逆に個室の空間は距離を一気に縮めすぎな気もしますでしょうから。となるとベストなお店は「バー」となるケースが多いのではないかと思います。ですが、お酒が苦手な人がバーに誘っていいものなのかと悩むこともあるはずです。「行きたいけどぜんぜん飲めなかったらどうしよ・・」的な。

 

 

ということで今回は、現役バーテンダーの僕が「お酒が苦手な僕でもデートでバーを使っても大丈夫??」というテーマでお話させていただきます。世のお酒苦手男子はバーへ意中の女性を連れていくことはできるのか!?ではさっそく!

 

 

[バー×デート]お酒が苦手な僕でもデートでバーを使っても大丈夫??

結論から申しますと、「お酒が苦手でもデートでバーを使っても大丈夫」です。

 

 

あなた:「マジですか!?」

 

 

はい、マジです。バーは「お酒を飲む場所」というイメージをお持ちの方がほとんどだと思うんですけど、基本的には「お酒をメインとして扱っている場所」って感覚の方が正確な解釈かなと思います。もちろんお酒が好きなお客様が多いのは事実なんですけど、一切お酒を口にしないお客様だってたくさんいます。たとえるなら、蕎麦屋は蕎麦がメイン商品ですけど天丼しか食べない人もたくさんいるみたいな感じです。

 

 

そして何よりバーのいちばんの魅力は「空間」です。ムーディーな雰囲気、流れる音楽は心地よいジャズ、提供される飲み物はどれも美味しい。バーテンダーは自分たちが作りだしている空間でお客様が楽しく過ごしてくださることを第一に考えていて、お客様のお酒が得意か苦手なんてぜんぜん関係ないんです。お酒が得意だったり大好きなお客様であれば腕を振るったり知識をご提供しますが、お酒が苦手なお客様であればアルコール度数の低い優しいカクテルやノンアルコールドリンクをご提供するのみです。

 

 

あ、もしお酒が苦手な人がバーを利用する際に気を付けるべきことがひとつだけあります。それは「バーの基本的滞在時間を守ること」です。カフェのようにコーヒー1杯で何時間も勉強したり友達と会話を続けることはバーではタブーですし、間違いなくバーテンダーから嫌な顔をされます。詳しくは以下記事にて。

関連記事:[イケてるお客様になろう!]バーで過ごす滞在時間の教科書

 

 

まとめ

[バー×デート]お酒が苦手な僕でもデートでバーを使っても大丈夫なのかについてお話させていただきました。

 

 

「お酒が苦手でもデートでバーを使っても大丈夫」です。バーはあくまでメインの商品がお酒なだけで、お酒をたくさん飲まなければいけない場所ではないですし、お酒が苦手な人が行ってはいけないなんてルールは一切ございませんので。素敵な女性ともしデートをする機会に恵まれましたらぜひバーへ足を運んでみてください。

関連記事:「バーってお酒が飲めないと入っちゃダメですか?」に対するプロからの回答&3つの理由

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。