[一息つきたいだけ・・]デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはあり?なし?

Fashion couple of young lovers at cafe bar cafeteria - Handsome man whisper sexy tender kisses to pretty woman - Relationship love concept with boyfriend and girlfriend together - Warm vintage filter
バー×デート

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

彼女とのデートでおしゃれなダイニングに行ったあなた。彼女のお気に入りであるこのダイニングは今日もたくさんのお客様で賑わっていました。あなたと彼女は人気のお肉料理や自家製ソースのパスタをオーダー。たらふく食べてふたりともお腹はいっぱいです。

 

 

彼女:「あー美味しかった!やっぱここ最高!(*^-^*)」

あなた:「ほんと美味しいよね!また近いうちに来ようね!」

彼女:「もーちーろーんっ!!」

 

 

次また来る約束を彼女と交わしたあと、お会計をしたあなたと彼女はこの店を出て街中を少し歩くことにしました。お腹がいっぱい過ぎて2軒目をどこにするか悩んでいる彼女のためにカラダを少しでも軽くしようという作戦です。

 

 

そんなこんなで街中をテクテク歩くこと7分。彼女が立ち止まりました。立ち止まった場所にあったのは全面ガラス張りのおしゃれなバー。

 

 

彼女:「なにここ!おしゃれじゃない!?ちょっと入ってみようよ!」

あなた:「え?ここ、バーだよ?俺、もうお酒飲めないわ・・」

 

 

あまりお酒が得意ではないあなた。さっきのダイニングで3杯も飲んでしまったせいで全然お酒を飲みたいテンションではなかったのでバーに行くことに対して内心反対意見を持っていました。でも彼女はバーに行きたかっている。どうする自分・・。

 

 

彼女:「え?私も飲みたくないからなんかお酒入ってないやつ頼もうよ!ゆっくりしたーい!!

あなた:「それいいね!!」

 

 

てっきり彼女はまだお酒が飲みたいんだと勝手に考えていたあなたは、「お酒を飲まないなら入ってもいいな!」と素直に思いました。ですが、ひとつひっかかったこともあります。

 

 

あなた:「(でも、ここってバーだよね?ふたりともお酒頼まなくても大丈夫なのかな・・)」

 

 

「バー=お酒」のイメージを持っているあなた。そしてバーに行ってお酒を頼まなかったことなんて今まで一度もないので、バーでお酒を頼まないでゆっくりする利用方法はありなのか少しだけ不安を感じました。

 

 

あなた:「でも彼女はバーでゆっくりしたがってる・・入っちゃっても大丈夫!?」

 

 


美味しい食事をたらふくした後に「お酒はもう要らないかな」って時はよくあると思います。僕も1軒目でたくさん食べたらお酒を飲みたい欲がなくなることがよくあるのでわかります。ですが彼女が「お酒は飲みたくないけどバーに行きたい!」と言っている、そしてあなたも今日はもうお酒を飲みたくない、無理してお酒を飲んで具合が悪くなるようなことにもなりたくない。こんな時にどうすればいか悩むこともあるでしょう。

 

 

ということで今回は現役BAR屋で、飲みたくない夜もなんとなく飲んでしまって翌日の体調が最悪だった経験ばかりの僕が、デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはありなのか、それともなしなのかについてお話させていただきます。あなたは彼女の気持ちに応えることができるのか!?バーテンダーから見て、ふたりともお酒を頼まずゆっくり過ごすお客様はどう映るのか!?ではさっそくお話しましょう!

 

 

[一息つきたいだけ・・]デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはあり?なし?

結論から申しますと、「デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはあり!」です。

 

 

あなた:「そうなんですね!良かったです!!」

 

 

今までの記事で何度もお伝えしてきてはいるのですが、改めてお伝えしますと、バーは別にお酒を必ず頼まなければいけない場所ではないんです。あくまでメイン商品がお酒なだけであって、それ以外のソフトドリンクやアルコールフリーのカクテルだって豊富に取り揃えているのがバーです。メニュー表にだって載ってますし、普通にお酒を頼まなくたって空間を楽しめるご用意はしております。そして、実際に僕が働いているバーには、ふたりともお酒を頼まないお客様が何組かいらっしゃいます。シンプルにお店の雰囲気を気に入ってくださって何度も足を運んでいただいてます。はい、お酒を頼まなくてもいいという証明完了。

関連記事:「バーってお酒が飲めないと入っちゃダメですか?」に対するプロからの回答&3つの理由

関連記事:バーはお酒を飲む場所じゃなくて、人生における「サードプレイス」

 

 

ただ、しいてお願いすることがあるとすれば、それは「バーはカフェとはちょっと違うのでバーの基本ルールに沿った対応をさせていただくことがあるってことですね。たとえば、コーヒーはご用意していないバーが多いですし、未成年は基本的に成人の方と一緒じゃないと入店をお断りしますし、教科書を出して勉強をし始めたら一声掛けさせていただく場合もございます。また、1杯だけのオーダーで2時間も3時間もいらっしゃるお客様はバーテンダーから白い目で見られること必須ですし。その辺はご理解くださいって感じです。詳しくは以下記事にてどうぞ。

関連記事:[イケてるお客様になろう!]バーで過ごす滞在時間の教科書

 

 

余談ですけど、さいきんはアルコールを一切取り扱っていないバーもあります。「ノンアルコールバー」なんてコンセプトなんですって。面白い試みですよね、お酒が苦手な人でも気軽にバーの雰囲気を味わえるんですから。また、僕が働いているバーの系列店では「パフェ」を提供しているんですけど、パフェだけ食べて帰るお客様が結構いるみたいです。「バー=お酒」の方程式は一昔前の話になりつつあるのが現状です。あなたと彼女にとって追い風の情報笑。

 

 

まとめ

[一息つきたいだけ・・]デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはありなのか?それともなしなのかについてお話しさせていただきました。

 

 

「デートでバーに行った時にふたりともお酒を頼まないのはあり!」です。

 

 

バーはお酒を頼まなければいけない場所ではありません。アルコールを一切提供しないバーが新しくでき始めている現代です。「バー=お酒&敷居が高い」みたいなイメージが強いかもしれませんけど、実際はそこまで格式ばった場所ではないので(格式ばった、肩ひじ疲れるようなバーももちろんありますけどね笑)、ぜひお気軽にデートで来ていただけたらと思います。

関連記事:現役「BAR屋」が徹底解説!「バーは敷居が高い!」は本当か!?

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。