[全然わからない・・( ;∀;)]ワインの知識ゼロでもワインバーに行って大丈夫?

バー×デート

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

明日は職場の後輩の女の子との飲み会。初めてふたりで飲みに行くとあって、あなたはどんな場所へ後輩の女の子を連れて行ってあげようか悩んでいました。そんな飲み会前夜。後輩の女の子は以前、「わたし、ワインが大好きなんです!でも、全然詳しくないからいつも適当に頼んでます(笑)」と、茶目っ気たっぷりに話していたことを思い出したあなた。

 

 

あなた:「そうだ!たしかワインが好きだって言ってたよな!じゃあワインバーに連れて行ってたらきっと喜ぶはず!」

 

 

あなたもワインは大好き。お互い好きなものが一緒だったことにありがたさを感じていました。

 

 

ですが・・・。

 

 

あなた:「でも、ワインバーってきっとメニュー表は英語?フランス語?どんなワインが美味しいとかよくわかんないし、ワインに合うおつまみもチーズくらいしか知らないし・・

 

 

ワインバーなんて紳士淑女の食通が行くお店だというイメージを持っていたあなたは、名案が浮かんだ喜びから一転、急にビビり始めました。

 

 

あなた:「でも、彼女を喜ばせたいし・・いったいどうすればいいの!?」

 

 


ワインバーと聞くだけでちょっとビビってしまう人はたくさんいらっしゃることでしょう。ワインの専門店ですからね、きっとワインに詳しいお客様ばかりが来てて、接客してくれる人はみんなソムリエさんなんだろうみたいなイメージですよね。そんなバーにワインの知識ゼロの状態で行こうとしてるんですからそりゃ不安にもなるのは当然です。

 

 

ということで今回は現役BAR屋で、二度もソムリエ試験に落ちた経験がある僕が(ちなみに一次試験は二回とも受かったんですよ!!笑)、「ワインの知識ゼロでもワインバーに行って大丈夫?」なのかについてお話させていただきます。小難しいワインの世界。ワインの知識ゼロのあなたはワインバーに辿り着くことができるのか!?はたまた自爆行為なのか!?ではさっそく!

 

 

[全然わからない・・( ;∀;)]ワインの知識ゼロでもワインバーに行って大丈夫?

結論から申しますと、「ワインの知識ゼロでもワインバーに行っても大丈夫です!」

 

 

あなた:「そうですか!じゃあ行ってきまーす(*^。^*)」

 

 

たしかにワインバーにはワインに詳しいお客様もたくさんいらっしゃることと思います。自宅にワインセラーがあるお客様もいれば、ワイン以外は口にしないお客様もいるはずです。ですけど、そんなワイン通なお客様ばかりなわけないんですよ、カジュアルにワインを楽しみに来ているお客様だって絶対いるし、ワインの勉強のために来ているお客様だって絶対います。あなたのようなワインの知識ゼロのお客様だって必ずいます。なのでぶっちゃけ、「ワインの知識ゼロでも行って大丈夫かな?」なんて気にするだけ時間の無駄です。

 

 

また、ワインバーで働いている店員さんはワインの知識ゼロのお客様が大好きです。なぜなら、店員さんは今まで勉強してきた知恵やさまざまな経験をお客様に伝え、そしてそのお客様がワインをより身近に感じてくれるように楽しんでくれるようになることを素直に嬉しいと感じているからです

 

 

たとえば、あなたが映画好きだったとします。あなたが好きな人は映画をあまり観たことがありません。観たことがあるのは有名な作品くらい。でも好きな人は映画に興味を持っている。そこであなたが映画の魅力について語ったり、オススメの映画を紹介したところ、好きな子が休日に映画を観るようになりました。これってめちゃくちゃ嬉しくないですか?自分が好きで詳しいことがきっかけで映画好きがこの世にひとり増えたんですよ?そして、もっとたくさんの人に映画を観てほしいって気持ちが湧いてくるはずです。ワインバーの店員さんの気持ちはこれと一緒です。

 

 

あなた:「じゃあ逆にワインに詳しくない方が楽しめそうですね!」

 

 

そうです!一緒に行く後輩の女の子もワインは好きだけど詳しくないんですよね?だったら一緒にいろんなワインを楽しめばいいんですよ、ド素人丸出しで。なんも恥ずかしいことなんてないですよ。わからないなら知ればいい、それだけです。店員さんにあれこれ聞いてみるのもありです。初心者向けにわかりやすくお話ししてくれるはずです。その結果、少しだけワインに詳しくなれたら最高ですよね。「フランスの赤が好みかも!」「イタリアの白ワインはスッと飲めちゃう!」なんて会話ができたらもっと楽しくワインを飲むことができるかもしれませんね。

 

 

ちなみにですけど、以前ソムリエさんのワイン講習を受けた時にソムリエさんが、「たとえベテランのソムリエでも、このワインはどこの国のものだとか、このワインに使われているブドウは何かなんてすべて当てることは不可能です」とおっしゃっていました。プロでもよくわからないことがあるのがワイン、つまり、単純にワインが好きな人はただただ美味しくワインを飲んで、その場を楽しめばいいだけなんですよ。ワインバーはこのようなワイン好きが集まる場所です。

 

 

まとめ

[全然わからない・・( ;∀;)]ワインの知識ゼロでもワインバーに行って大丈夫なのかについてお話させていただきました。

 

 

「ワインの知識ゼロでもワインバーに行っても大丈夫です!」

 

 

ワインバーはワインに詳しい人だけが行くことを許されている場所ではありません。単純にワインを飲むことが好きな人、これからワインを勉強しようとしている人、まだあまり飲めないけどワインに興味がある人だって積極的に利用して大丈夫な場所です。そして、ワインバーの店員さんは、そんなワイン好きなお客様のことを快く迎えてくれます。肩の力を抜いて、楽しいワインとの時間をぜひ楽しんでください。

※ワインバーでは、ワインをベースとしたカクテルもお客様に提供している場合が多いです。もし興味がある方は以下記事もぜひご覧ください。

関連記事:赤ワイン好きなあなたへ現役バーテンダーがぜひ紹介したい3つのカクテル

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。