[お客様は実際にやっている!]ひとりでバーに行った時にオススメの5つの過ごし方

Woman Using Mobile Phone Communication Concept
「バーに行ってみたい!」ってちょっとでも思ったあなたへ

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

ひとりバーデビューをしてみたいと思っている人って結構いると思うんですよね。実際に現場で僕は初めてひとりでいらっしゃったお客様と話をした時に「行ってみたいとずっと思っていたんですけど敷居が高い気がしてなかなか勇気が出なかったんです・・」なんてことをたくさん聞いてきました。

 

 

その根幹にあるのは、

 

「ひとりでバーに行ったらどう過ごしていいのかわからない・・」

「変な人だと思われないかな・・」

 

という不安だと思います。

 

 

なので今回は現役BAR屋の僕が「ひとりでいらっしゃってるお客様が実際にしているばーでの過ごし方」を5つご紹介したいと思います。

 

 

どの過ごし方もバー的には全然OKです。

もし、

 

「あ、こんな過ごし方してもいいんだ!」

「こんな感じでいいなら行ってみようかな!」

 

と思っていただけたら嬉しいです。では!

 

 

[お客様は実際にやっている!]ひとりでバーに行った時にオススメの5つの過ごし方

 

 

 

 

①バーテンダーに積極的に話しかけながら飲む

バーの醍醐味のひとつが「バーテンダーとの会話」です。バーテンダーがどんな人か興味がある、聞きたいことがある、初めて来たこの緊張感を伝えたい、相談事があるなど何でも理由はいいのでもし人見知りしない性格の人であれば積極的にバーテンダーに絡んでみましょう。バーテンダー的にもお客様から話しかけていただけることは嬉しいことでしかないので。

 

 

②勉強しながら飲む

カフェ的な利用方法です。1杯の飲み物を片手に教科書を読むも良し、スマホのアプリで問題集を解くのも良しです。

 

 

「え?お酒を飲みながら勉強!?」

「頭に入らなくないですか?」

って疑問が浮かびそうなものですが、案外リラックスした状態で勉強ができるものですよ。僕もひとりでバーに行く時はスマホで最新の経済ニュースを読んだりします。

 

 

しいて言うなら、隣のお客様に迷惑がかからない程度に教科書なり問題集なりを広げてくださるご配慮だけいただければって感じです。朝のカフェで大きく新聞を広げているサラリーマンみたいなことはNGです。

 

 

③読書しながら飲む

好きな本を片手にお酒を飲むのも良いですね。お客様が一番よく読まれているのは小説ですね。好きな作家さんの文章に触れながら過ごす時間はとても有意義です。(僕は読書家なのでこの感覚がよくわかります笑)

関連記事:バーに読書をしに行くのはあり?なし?

 

 

④スマホでゲームをしながら飲む

思いっきりスマホを横に倒してソシャゲーに勤しんでるお客様もいます。好きなお酒を飲みながら自分の育てているキャラのレベルアップをひたすらするみたいな。

 

 

「バーはゲームをする場所じゃないでしょ!」

「ルール違反なんじゃないの?」

と思われるかもしれないですけど、バーテンダー的には全然問題ないです。むしろ、

「何のゲームしてるんですか?」

と聞いて最近の流行ってるゲームを知る良い機会だとさえ思っています。

 

※たまに常連様に「ここ押して!」とそのゲームのガチャを引いてみてと頼まれることがあります。僕がボタンを押して良いアイテムやキャラが出たら褒められて、大したことないアイテムやキャラが出たら「持ってないね!」と揶揄されます。(←なぜ責められる!?笑)

関連記事:バーでずっとスマホをいじるお客様はどういう印象を持たれるかについて

 

 

➄隣のお客様と絡みながら飲む

もし隣にひとりでいらっしゃってるお客様がいれば話しかけて一緒に飲むなんてのもアリですね。現場で見てきた感想ですが、話しかけられるのが大嫌いなお客様って実はあまりいないように思えます。

 

 

ただし、異性のお客様に絡む際はあまりグイグイ行かない方がいいです。相性みたいなものがありますので。もし会話が弾んで盛り上がるようであればいいのですがそうもならない場合もありますので。

 

 

絡むのは全然問題ないのですが、もし違和感を感じた場合は早めに手を引いて別のことをして過ごしましょう。

関連記事:[男性向け]隣に座っている女性に声を掛けるのはあり?なし?

関連記事:[女性向け]隣に座っている男性に声を掛けるのはあり?なし?

 

 

まとめ

[お客様は実際にやっている!]ひとりでバーに行った時にオススメの5つの過ごし方について書いてみました。

 

 

 

 

 

最初は緊張して「どう過ごしたらいいんだろう・・」なんて思っちゃうかもしれなですけど、上記の5つの過ごし方の例を心の引き出しにしまっておけば手持無沙汰になった時に役立つのではないかと思います。

 

 

ま、どの過ごし方を選択されたとしても素敵なバーテンダーはあなたに一度は声を掛けますので。そこで会話が楽しいと感じたのなら①バーテンダーに積極的に話しかけながら飲むという過ごし方をされてみてはいかがでしょうか。

関連記事:[バーに行くことに緊張しているあなたへ]素敵なバーテンダーはスマホをいじってるお客様にも声を掛けます

関連記事:ひとりでカウンターに座っても話しかけてこないバーは「バー失格」

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。