[なにが違うの?] バーテンダーとホストはほぼ同じ仕事??

バーでアルバイトしてみたい方へ

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

「バーテンダー」と「ホスト」。どちらもお酒を取り扱う夜のお仕事とい共通点を持っています。ただ、具体的に仕事内容や勤務体系についてなにが違うのかをハッキリ理解している人は少ないのではないでしょうか。「ま、似たような仕事でしょ??」なんてイメージをお持ちの方も多いことと思います。

 

 

ちなみに僕はいま「バーテンダー」という仕事をしていますが、この世界に入る前に実は「ホスト」の面接を受けたことがあります(街中を歩いていたらキャッチされまして・・・えへへ)。結果、バーテンダーの道を選んだわけですけど、その道を選んだ理由もハッキリしていました。

関連記事:僕がホストクラブじゃなくてバーで働くことを選んだ理由

 

 

ってことで、今回は現役BAR屋15年目の僕が、「バーテンダーとホストはほぼ同じ仕事??」というお話をさせていただきます。

 

 

バーテンダーかホストか。

なるならどっち??

通うならどっち??

少しでも疑問を抱えている方はぜひ一読されてみてください。では!!

 

 

※ホストをした経験がないので、あくまで「知り合いから聞いた話&その他の情報」をもとに話を進めさせていただきます

 

 

[なにが違うの?] バーテンダーとホストはほぼ同じ仕事??

結論から申しますと、「バーテンダーとホストはぜんぜーん違うお仕事です。ぜんぜーん似てません」

 

 

では、カンタンに「バーテンダー」と「ホスト」の仕事内容について書いてみます。

 

 

「バーテンダー」

→お客様とカウンター越しでお話をする。お客様へお酒やおつまみを提供。基本的にバーテンダーはお酒を飲むスタイルではないが、お客様からのご厚意で一杯いただく場合もある

 

 

 

「ホスト」

→お客様の隣でお話をする。お客様へお酒やおつまみを提供。お客様と一緒にお酒を飲むスタイル(ホスト側のお酒はお客様負担にて)。同伴(仕事前にお客様に会うこと)アフター(仕事終わりにお客様に会うこと)あり。

 

 

 

って感じです。

 

 

バーテンダーとホストの仕事内容で決定的に違う部分があるとすればそれは、「カウンター越しで話すor隣で話す」部分ですね。バーテンダーはカウンターにいらっしゃるお客様をフラットに対応することが求められますが、ホストはお客様の隣に座ってお話をするので完全マンツーマン接客です。つまり、全体的な気遣い重視なのがバーテンダー、隣のお客様に全集中なのがホストです

関連記事:ひとりでカウンターに座っても話しかけてこないバーは「バー失格」

 

 

また、バーテンダーはお客様のタバコに火をつけたりする必要はありませんが、ホストはお客様のタバコに火をつけることも大事な仕事のひとつです。また、ホストは同伴アフターなどをすることも茶飯事といった点を考慮しても、ホストの方がよりお客様の時間にシンクロし尽くすことで満足していただくスタイルの業態であると言えます

 

 

お酒を飲む量もぜんぜーん違いますね。バーテンダーは基本的に自分からお酒を飲みません。あくまでお客様から「乾杯しようよ!」「よかったら一杯ごちそうするよ!」というご厚意をいただいた時にだけお酒を飲むことが許されています。つまり、お酒が好きでも苦手でもできる仕事です

関連記事:[ぜんぜん飲めないんです・・] 一滴もお酒を飲めなくてもバーテンダーになれる!?

 

 

ホストは逆で、お客様に「一杯いただいてもいいでしょうか?」とお願いして乾杯をします。また、お客様の多くが「飲みなよ!!」的なノリなので、毎日かなりの量のお酒を飲みます。つまり、お酒が苦手な人は圧倒的に不利な仕事です。(ローランドさんは一滴も飲まないことで有名ですが、そのスタイルは珍しいようです)

 

 

あとは、お金の面も大きく違いますね。バーテンダーは基本給です、たとえ売り上げが上がってもそこまで大きな変動は基本ないと考えていただいて問題ないです(多少のボーナスがある場合はあります)。つまり、安定している代わりに大きく給料が跳ね上がる可能性は限りなくゼロです。

関連記事:「バーテンダーってどのくらい稼げるの?」という質問に答えてみます

 

 

その点、ホストは基本給+自分のお客様による売り上げがダイレクトに給料に反映されるシステムです。つまり、ファンが増えれば増えるほど給料はグングン上がっていきます

 

 

まとめ

「 バーテンダーとホストはほぼ同じ仕事??」というお話をさせていただきました。

 

 

「バーテンダーとホストはぜんぜーん違うお仕事です。ぜんぜーん似てません」

 

 

・バーテンダーはカウンター越し、ホストはお客様の隣で話す

・バーテンダーとお客様はお店内での関係、ホストはお客様との同伴アフターあり

・バーテンダーは仕事中にお酒をあまり飲まない、ホストはバリバリお酒を飲む

・バーテンダーはほぼ固定給、ホストは売り上げによって跳ね上がる可能性あり

 

 

 

バーテンダーとホストで共通している部分なんて、夜のお仕事ってくらいなもんです。似たようなイメージをお持ちの方はちょっとだけ脳内変換しておいてくださればと思います。

 

 

おわり。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。