[どうしよう・・] 手荒れしてしまったバーテンダーが必ずするべき対処法

バーでアルバイトしてみたい方へ

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

もともと乾燥肌で悩んでいるあなた。バーでの仕事は洗い物が多く、どうしても洗剤のせいで手がカサカサになってしまっていました。結果、指のしわというしわがひび割れてしまい、多大なるストレスを抱えています。

 

 

あなた:「あぁ、また手荒れしちゃった・・なんとかならないかな・・(;´Д`)」

 

 

寝る前に手袋をして寝ても、起きたらいつも手袋が脱げている。

休みの日は一日中クリームを塗りまくっているけど、外出する時はクリームを落としている。

休み明け、ちょっと手荒れが良くなったと思って洗い物をするとまたすぐに元の手荒れ状態に戻ってしまう。

 

 

あなた:「こんな手じゃまともに仕事もできないし、なんだか自分の手を見るのも嫌になってきたな・・」

 

 


洗い物が原因で手荒れをしているバーテンダーはたくさんいることと思います。僕も極度の乾燥肌なので、一日洗い物をするだけで手がカサカサになりますし、何日も続けていたらすぐにひび割れをおこしてしまいます。

 

 

めちゃくちゃしんどいですよね?

さまざまな手荒れ解消法を試してみたものの、どれもぜんぜん良くならない。なんなら、逆にかゆくなっちゃって悪化してしまったなんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

ということで今回は、現役BAR屋で、過去は社内最強の手荒れ人間だったのに今はひび割れのひとつもなくなった僕が、手荒れしてしまったバーテンダーが必ずするべき対処法についてお話させていただきます。

 

 

手荒れは厄介です。そして、気持ちまで見事にどん底まで落としてきます。早めに対処しないと傷跡が残ってしまう可能性もありますので、今からお話しすることは必ず実践していただきたいと思います。

 

 

では、さっそく始めます!

 

 

[どうしよう・・] 手荒れしてしまったバーテンダーが必ずするべき対処法

結論から申しますと、「皮膚科に行くこと」「必ずお風呂に入ってから寝ること」です。

 

 

あなた:「え?そんなことだけですか?」

 

 

はい、そんなことだけです。

 

 

まず、「皮膚科に行くこと」についてですが、僕はいままでに数々の市販の薬を試してきました。ハンドクリームから、ひび割れした箇所に塗ると死ぬほど痛い透明ボンドみたいな薬までホントに色々使ってきました。

 

 

結果、どれもこれもぜんぜん意味なし。ちょっと良くなったと思ってもすぐに元の手荒れ状態に戻ってしまいました。逆に悪化した時もありました。つまり、市販の薬じゃバーテンダーの手荒れは一生治らないってことです

 

 

市販の薬って、効能が弱いんですよね。誰でも買えちゃうのであまり強い成分を配合することができないからなんですけどね。ま、そこはなんとなく誰しもがわかっていることだと思います。

 

 

その点、皮膚科で処方される薬は、お医者さんが処方してくれるので効果抜群です。つまり、ちょっとキツめの薬ってことなんですけど、毎日の洗い物が原因の手荒れは一回しっかり治さないと永遠に「治る→戻る→治る→戻る」のサイクルを繰り返します。なので、目標は「完治」に設定するべきです。

 

 

僕がいつももらっている薬には「ステロイド」という成分が含まれています。詳しいことはググってみてください。で、「ステロイド」は良くも悪くも劇薬です。使わないに越したことはない成分なんですけど、手荒れが酷くなってしまったのであればそれはもう仕方のないことです。過去には戻れないんでね。ならとっとと完治させちゃって、完治したら二度と皮膚科の薬を使わなくてもいいようにケアをし続けるしかないんです。

 

 

そして、ケアし続ける上で大切なこと。それは、「必ずお風呂に入ってから寝ること」です。

 

 

あなた:「そんなの毎日してますよ!」

 

 

毎日ホントにされているのであればいいんですけど、中には疲れ切ってそのままベッドや居間で寝ちゃったこととかないですか?ないしは、飲みすぎちゃってそのまま寝ちゃったこととか。

 

 

あなた:「あ、それは確かにあります・・」

 

 

手荒れは一日ケアを怠るだけで何日もあなたが気を付けてケアしてきた努力を一瞬で消し去ります。良くなるのは少しずつなのに、悪くなるのはほんの一瞬なんです。

 

 

 

あなた:「たしかに!そのまま寝ちゃった次の日とか最悪なんですよね、ぜんぜん手が動かなかったりします!」

 

 

なので、本気で手荒れをなんとかしたのであれば、どんなに眠たくてもお風呂に入ってから寝ることを徹底しましょう。別に湯船に浸かれなんて言ってないですよ?シャワーでもいいんです、つまり、清潔にしてから寝てくださいってことです

 

 

まとめ

[どうしよう・・] 手荒れしてしまったバーテンダーが必ずするべき対処法についてお話させていただきました。

 

 

「皮膚科に行くこと」「必ずお風呂に入ってから寝ること」を徹底しましょう。

 

 

市販の薬じゃまずもって手荒れは良くなりません。バーテンダーは毎日洗い物をします。手が休まる時間は短い、でもその短い時間の間でなんとか手荒れを治していかなきゃいけないので、皮膚科に行って手荒れのプロから授かった薬だけ使うようにするべきです。

 

 

また、必ずお風呂に入るなりシャワーを浴びるなりして清潔な状態で寝るようにしましょう。清潔にしていないとどんなに効く薬でも効果は激減してしまいますので。毎日ですよ、毎日。

 

 

手荒れが治った暁には、好きな指輪をはめたり、女性ならネイルだって楽しめます。仕事だってはかどります。なにより、手荒れからくるストレスから逃れることができるんです。

 

 

手荒れに悩んでいるバーテンダーの方は、さっそく今日から実践あるのみです。

 

 

あなた:「わかりました!それでも手荒れが良くならない場合はどうしたらいいんでしょうか?」

 

 

その時は二択ですね。「洗い物を一切しない」「手袋をつけて洗い物をする」のどちらかです。

 

 

ちなみに僕は、究極の手荒れを経験した時は洗い物をしていませんでした。一緒に働いていたメンバーにお願いをしたら「そうだね!洗い物は任せてください!」と快く言ってくれたおかげで、少しずつ手荒れは治っていき、気付けばいまはきれいな指先に戻りました。

関連記事:[手荒れしたくない!] バーテンダーは仕事中に手袋をしてもいいのかについて

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。