[意外!?] モテたくないバーテンダーだってたくさんいます

BAR屋とお客様の恋愛系話

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

突然ですが・・・。

 

 

「バーテンダーはお客様からモテたいと願っている!!」「バーテンダーはお客様からチヤホヤされたいと思っている!!」みたいな印象をお持ちの方は手を挙げてみてください。

 

 

うんうん、けっこう手が挙がっていますね。(※ひとりで講演会イメージにて想像中笑)

 

 

カウンターの中でカッコよくカクテルを作る様子、鮮やかな手さばき、場を盛り上げる会話etc・・・。毎夜開催されるショータイム。

 

 

かくいう現役BAR屋の僕もずーーっと前から「モテると思ったからバーテンダーになりました!!」と声を大にして公表してきました(ここまで公表してるバーテンダーを僕は僕以外に知りませんが・・・)。

 

 

つまり、「バーテンダー=自分自身にスポットライトが当たる状況が大好き」という方程式があるように思われがちです。

 

 

が。。。

 

 

中には、

 

 

「モテたい??いいえ、ほっといてほしい!!」

「チヤホヤされたい??いいえ、仕事上の関係でいいです!!」

「連絡先交換??むりむり、したくないです!!」

 

 

というバーテンダーもこの世界には存在するんです。事実です。

 

 

そんなお話を少しだけさせてください。

 

 

[意外!?] モテたくないバーテンダーだってたくさんいます

※今回のお話は、以下の前提のもとでスタートします。

 

 

「モテたい」というのは「恋愛対象として」という意味です。

 

 

ってことでですね、結論から申しますと、「男性バーテンダーは基本的に『お客様からモテたい』と思っていて、女性バーテンダーは基本的に『お客様からモテたくない』と思っている」です。

 

 

男性バーテンダーは新しい女性のお客様と出会うたびに、「あ、また来てほしい!!仲良くなりたい!!」と思う傾向にあります。下心満載ってわけじゃないんですけど、もし仲良くなれたその先の関係までも考えてしまったりしますね。つまり、プライベートでも繋がりを持ちたいってことです

 

 

たとえば、初めていらっしゃった女性のお客様に対しては積極的に話しかけ、自分を売る。そして、仲良くなれたと確信した頃に「今度ごはんでも行こう!!」なんて話に持っていきます。なんていうんですかね、下心満載じゃないっていうのは本音なんですけど、どこか異性として見てる点は認めざるを得ないっていう感じです

関連記事:[嘘は一切なしのガチ本音!] 男性バーテンダーは女性のお客様を性的な目で見ているもの?

 

 

で、女性バーテンダーは新しい男性のお客様と出会うたびに、「あ、また来てほしい!!仲良くなりたい!!」と思います。下心は一切なし。つまり、「お店での繋がりを深めたい」という考えのもとでのアプローチってことです

 

 

たとえば、初めていらっしゃったお客様には積極的に話しかけ、自分を売る。これから先も気軽にお店に来てもらえるように。決して異性として男性のお客様として見ることはないし、逆にもしお客様が異性として女性バーテンダーのことを見ている気配を感じた瞬間から接し方を変えてきます。声を掛ける機会を減らすとか、すぐに別のお客様と話し始めるとか。あまりに「あなたが好きです!!」オーラが強すぎるお客様の場合は、シカトモードに入る女性バーテンダーもいますね、ま、これは男性のお客様が悪いケースがほとんどですけどね、バーで何してくれてるんですかって話。

 

 

女性バーテンダーはあくまで仕事そのものを楽しみにしています。「仕事は仕事」って考えですね。もしプライベートで女性バーテンダーと会う機会を作ることができたとしても、決して「お客様のことを異性として見ています!!」というサインではないんですよ、勘違いしちゃう気持ちもわかりますけどここは知っておいてほしいです。

関連記事:[ホントに!?] お客様は恋愛対象外!?

 

 

僕が先生ならこの部分はテストに出しますね、配点多めで笑。

 

 

あ、仕事以外はおうちで過ごしたいタイプの女性バーテンダーも多いですね。日々、たくさんのお客様と接する「バーテンダー」という仕事は、たくさんの言葉を発しますし、たくさん頭を使います。営業中はいつもお客様と接しているわけですから、仕事終わりや休日くらいは「ひとりにさせてください!!(;”∀”)」と思う気持ちもなんとなく理解することはできるのではないでしょうか

 

 

まとめ

「モテたくないバーテンダーだってたくさんいます」というお話をさせていただきました。

 

 

モテたくないと思っているバーテンダーはほぼほぼ女性のバーテンダーです。「仕事は仕事」という考えで働いているので、別にお客様からモテたいだなんてこれっぽっちも思ってないですね、むしろ「結構です!!」くらいです。

 

 

たくさんのお客様と接し、その中でお客様から異性としての好意を寄せられることも多い女性バーテンダー。圧倒的にモテてしまうからこそ「ほっといてください!!」なんて気持ちにもなってしまうのもご理解いただけるかと思います。たとえるなら、おなかいっぱいなのに「どうぞ食べてください!!」とまた差し入れをもらう状況がずっと続く感じですかね、「もう食べれないから持ってこないで!!」みたいな笑。

 

 

バーテンダーになったきっかけが「モテると思ったから!!」って人はみんな男性です。そして、実際に異性からモテるかどうかと聞かれたら・・・。

 

 

現実は厳しいものですね(・∀・)

 

 

おわり。

 

 

※どうしてもお気に入りの女性バーテンダーがあるあなたへ・・・。とりあえず僕の言うことを聞いてください。きっとステキな関係が築けるはずです。

関連記事:[好みだったらこう攻めろ!] 女性バーテンダーと確実に仲良くなる方法

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。