[好みだったらこう攻めろ!] 女性バーテンダーと確実に仲良くなる方法

BAR屋とお客様の恋愛系話

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

さいきん、とあるバーで働いている女性バーテンダーのことが気になって気になって仕方ないあなた。出会いは先輩と飲みに行った時に、たまたま見つけたバーへ入ったこと。そのバーのカウンターには、ステキな笑顔の女性バーテンダーがひとり。それ以来、心の中から女性バーテンダーが消えなくて、あなたは眠れぬ夜を過ごし続けています。

 

 

あなた:「あの女性バーテンダーさん、ステキだったな・・・もう一回会いたいな・・・」

 

 

とはいっても、今までひとりでバーなんて行ったことないあなた。もう一回会いに行くこと自体に抵抗を感じていました。

関連記事:[行くのは今だ!!] 独りでバーに行くべき3つのタイミング

 

 

しかし、このまま何もせずにモヤモヤした毎日を過ごすなんて嫌。あなたは遂に女性バーテンダーに会いにバーへ足を運ぶ決意を固めました。

 

 

 

あなた:「よし!さっそく、明日の仕事終わりに行ってみよう!!がんばれオレ!!」

 

 

女性バーテンダーに会いに行く決意は固まったあなた。しかし、またしても不安に駆られる要素が頭をよぎってしまいます。

 

 

あなた:「てか、どうやってあのステキな女性バーテンダーさんと仲良くなればいいんだろう・・・てか、自分なんてお客さんの中のひとりでしかないんだよな・・・やっぱり、仲良くなりたいなんて考えてるのが変なのかな・・・(;・∀・)」

 

 


ステキな女性バーテンダーと出会ってしまったら、男性のほとんどは「仲良くなりたい!」「交流を持ちたい!」「連絡先を交換したい!」なんて思うことでしょう。ですが、たくさんいるお客さんの中のひとりから、女性バーテンダーと仲良しの男性になる道のりは決して平たんな道ではありません。

 

 

しかーし!!

諦めるのは早いですよ!!

ちゃんと仲良くなれる方法があります!!!

しかも、確実に仲良くなれます!!!!

 

 

事実、女性バーテンダーが男性のお客様とご結婚されたケースもありますし、プライベートで飲みに行くような仲になっているケースもあります。しかも、稀なケースではなくて、それなりによく見かける景色です。

 

 

ということで今回は、現役BAR屋で、数々の女性バーテンダーから人気を博してきた男性のお客様との接点を持つ僕が、[好みだったらこう攻めろ!] 女性バーテンダーと確実に仲良くなる方法』について、お話させていただきます。

 

 

大人気のアイドルだって、だれかとお付き合いします。

大人気のアイドルだって、友達がいます。

大人気のアイドルだって、相談相手がいます。

 

 

手が届かない相手なんていません。あなたの行動次第で、仲良くもなれるし、心の距離も縮めることができますよ。ぜひ、ご参考にしてみてください。では!

 

 

※「確実に仲良くなる方法」と言っていますが、成果を100%保証するものではありません。あくまで、女性バーテンダーとの相性がピッタリ合った時に起こる話です。

※「確実に仲良くなる方法」と言っていますが、「交際できる方法」でもありません。あくまで、女性バーテンダーとの相性がピッタリ合った時に起こる話です。

※「確実に仲良くなる方法」と言っていますが、もしうまくいかなくても、一切の責任は負いません。あくまで、女性バーテンダーとの相性がピッタリ合った時に起こる話です。

 

 

[好みだったらこう攻めろ!] 女性バーテンダーと確実に仲良くなる方法

 

 

①とりあえず「細かく通い詰める!」

とりあえず、好みの女性バーテンダーと出会ったら、そのバーに通い詰めましょう。顔を覚えてもらわないとお話になりませんし、気軽に会話ができるようにならないとその先の関係にはいつまで経ってもなりえませんので。

 

 

通い詰めると言っても、週7とかで通っちゃダメですよ?それ、もはやストーカーレベルなんで笑。個人的にオススメの来店頻度は「週2回」です。二夜連続でも構いませんし、数日空けてからでも大丈夫です。

 

 

 

あなた:「週7はたしかにストーカーレベルですね。。。そこは理解できるんですけど、週2回行くのがオススメなのってどういった理由なんですか?」

 

 

オススメの来店頻度を「週2回」と言った理由は、「話す内容がほどよく生まれる間隔だから」だからです。

 

 

 

あなた:「話す内容が生まれる!?」

 

 

たとえば、週7で通い詰めたとします。ストーカだと思われることは置いておいたとしても笑、女性バーテンダー的に思うことはたったひとつ。それは、「きょうは何を話せばいいんだろう・・・」です。

 

 

もし毎日会ってたとしたら、相当なおしゃべりさん以外は徐々に話すことがなくなっていき、自然と沈黙の時間が増えるってもんです。つまり、「楽しく会話をするためには、新鮮な話のネタが生まれる時間が必要」ってことです。

 

 

毎日会いたい気持ちはわかります。僕だって恋愛のひとつやふたつは経験してきましたので笑。ただ、気さくに会話ができる関係になるまでは、その気持ちをグッと抑えて、「週2回」の来店頻度を厳守しましょう。

 

 

大丈夫です、もし女性バーテンダーと仲良くなることができたとしたら・・・。

もし、もし!女性バーテンダーを口説き落とせたとしたら・・・。

あなたは毎日その女性と会える権利を手に入れることができるのですから・・・。

 

 

②一回でそれなりのお金を使う!

突然ですが、ゲームです。

あなたが自分のカフェを経営していたとしたら、どちらのお客様を大切にしたいと感じますか?

 

 

500円のアイスコーヒー1杯でずーっと勉強している学生さん

500円のアイスコーヒーを飲み終わったら「おかわりください!」と言ってきて、一緒にシフォンケーキを注文してくれるスーツ姿のおじさま

 

 

どちらのお客様を大切にしたと感じましたか?

 

 

①の学生さんを大切にしたいなんて言う人はきっといません。答えは、

「②500円のアイスコーヒーを飲み終わったら「おかわりください!」と言ってきて、一緒にシフォンケーキを注文してくれるスーツ姿のおじさま

になるでしょう。

(学生さんは大人になって稼いだら、勉強させてもらったカフェで恩返しとしてたくさんお金使ってください笑)

 

 

バーに限らずあらゆる業界において、たくさん飲んでくれたり、たくさん買ってくれたりするお客様、つまり、「他のお客様よりもお金を使ってくれるお客様」は基本的にお店側から大切にされます。好かれます。これは紛れもない原理原則です

(決して1杯だけ飲みに来るお客様を大切にしていないってことではないです。あくまで『大切にされやすいお客様』の原理原則の話です)

関連記事:バーに行って1杯だけしか飲まずに帰ると嫌がられる?

 

 

気になっている女性バーテンダーの前では、「他のお客様よりもお金を使ってくれるお客様」になりましょう。なにも1回のお会計で10,000円払おうなんて話ではないのでご安心ください。

 

 

そうですね、具体的には「何か計3つ以上オーダー」してくだされば条件クリアです。飲み物3杯でもいいですし、飲み物2杯におつまみ1つとかでもいいでしょう。また、お酒は無理のない程度に口にすることがベストです。見栄を張りすぎて泥酔してしまっては元も子もありませんので、そこだけはご注意ください。たとえば、ソフトドリンクを挟みつつお酒を嗜むなんてのもオシャレな飲み方ですよ。

関連記事:[イケてるお客様になろう!]バーで過ごす滞在時間の教科書

 

 

③焦らない!がっつかない!時間をかけてコツコツ信用を貯める!

気になっている女性バーテンダーさんに顔を覚えてもらったあなた。気さくに会話をすることもできるようになって、「よし!関係は築けたぞ!もうプライベートで誘っても大丈夫でしょ!」なんて気になっちゃったりするのではないかと思います。

 

 

お気持ちは察します。が、ここは一旦深呼吸でもして、ワクワクし始めた心を落ち着かせてください。

 

 

いいですか、せっかく良好な関係になることができたんです。ここで焦っては今までの努力が水の泡です。「急がば回れ」です。女性バーテンダーは、まだまだあなたのことを「良いお客様」程度にしか思っていません。プライベートで食事に行くとか、飲みに行くとか、そんなことこれっぽっちも想像していないんです。もう少し、関係性を深めるために粛々とバーに通いましょう。

 

 

たとえば、筋トレを始めて、少しだけ筋肉が付いたからって女性に「どう?筋肉すごいでしょ?」なんて聞いたって、「すごいですね!!」なんて言われませんよね?ちょこっとだけ良いカラダになっただけで、これからもっと筋トレをがんばったその先に、「すごいですね!!」って言われる未来が待っているんです。

 

 

顔を覚えてもらって、気さくに会話ができるようになってから僕は、「半年以上経ってからプライベートの誘いをする」ことをオススメします。

 

 

あなた:「え!?半年も誘っちゃダメなんですか!?」

 

 

女性バーテンダーは、あなた以外にもたくさんのお客様との接点を持っています。その中から、より特別な存在になるためには、時間が必要です。他の男性のお客様の多くは、女性バーテンダーが自分に対して気さくに話してくれるようになった途端に、「もう誘っても大丈夫でしょ!」という発想に陥ります。

 

 

たしかに、それで実際にプライベートで会うこともできることでしょう。ですが、女性バーテンダー的には、「きっと他の子にも同じようにしてるんだろうな!」なんて感じているのが現実です。つまり、「わたしがいちばんじゃないはず!!」と思われてしまうのがオチってことです

 

 

ゆっくーり時間をかけて関係を構築していく。我慢できる男は魅力的に映りますし、きっと女性バーテンダーもあなたのことを他の男性のお客様よりも大切に考えてくれるようになりますよ。

 

 

まとめ

[好みだったらこう攻めろ!] 女性バーテンダーと確実に仲良くなる方法についてお話させていただきました。

 

 

 

 

 

女性バーテンダーは男性のお客様から絶大な人気を獲得している方が多いです。お酒を作ってくれて、話し相手になってくれる。まさに「仕事をがんばっている男性が仕事終わりや休日に会えるアイドル」とでも言うんですかね。

 

 

アイドルと個人的に仲良くなるなんて、ふつうに考えたらめちゃくちゃハードルが高いですよね?なかなか仲良くなんてなれない。

 

 

ですが、実際にプライベートで仲良くなっている男性のお客様はいます。そんな光景を現役BAR屋の僕はたくさん見てきました。そして、そんなステキな男性のお客様の多くは、時間をかけてゆっくーりと女性バーテンダーとの関係を構築しています。

 

 

ぜひ、参考にしていただいて、ステキなプライベートシーンをお送りくださいませ。

 

 

おわり。

 

 

※何度も言いますが、成果を100%保証するものではありませんし、決して「女性バーテンダーとお付き合いする方法」でもありませんので、ご理解ください。お客様とはプライベートで会わない主義の女性バーテンダーも多数いますし、仕事と割り切ってるタイプの方もいます。

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

某バーの店長
札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。