バーで「好きなお酒は??」と聞かれた時、「○○」と答えたら確実にモテます!!

「BAR」×「出会い」

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

バーでは、必ずと言っていいほどお客様は「好きなお酒は何ですか??」という質問をされます。バーテンダーからされることもあれば、偶然お隣の席になったお客様からされることも。

 

 

そんな時、「(え??こういう時、なんて答えるのがいいのかな・・・(;”∀”))」とか、「(何が好きって言えば印象良いのかな・・・(;”∀”))」って、なんだか考えすぎちゃう方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

「カクテルとかウイスキー、全然飲めないのにバーとか来ちゃったし・・・」

「ビールしか好きじゃないからなー・・・」

 

 

 

ただ素直に好きなお酒を言えばいいだけなのに、バーという空間ってことが素直になれない理由となってしまったりする・・・。ていうか、バーテンダーの方もお隣のお客様もステキ、だから感じ良く思われたい・・・。

 

 

「なんて言えばモテるのかな・・・(・∀・)」

 

 

ってことで今回は現役BAR屋で、好きなお酒は「ビール!!ハイボール!!シャンパン!!」といつどこでも豪語する僕が、『バーで「好きなお酒は??」と聞かれた時、「○○」と答えたら確実にモテます!!』というお話をさせていただきます。

 

 

バーでモテたいのであれば、好きなお酒と聞かれた時の答えはたったひとつです。さっそくですが、その答えと理由をお伝えします。

 

 

バーで「好きなお酒は??」と聞かれた時、「○○」と答えたら確実にモテます!!

結論から申し上げますと、

 

 

「好きなお酒は??」と聞かれた時、「あなたが本当に好きなお酒を素直に言えば確実にモテます!!」

 

 

はい、キラーフレーズもなければ必殺技もありません。ただ素直に好きなお酒を言えばいいだけです

 

 

男性なら「ウイスキーが好きです!!」って言えたらカッコイイとか、女性なら「ワインが好きです!!」って言えたらカッコイイとかいうイメージがあるかもしれません。実際に、ウイスキーを嗜む男性はカッコイイし、ワインを嗜む女性はカッコイイものです。品があるっていうか、大人っぽさ、あでやかさをまとってるっていうか。

 

 

ただ、あなたが「好きなお酒は??」と聞かれている場所はバーです。基本的にはお酒好きが集まる場所です。つまり、「あなたがどんなお酒が好きだろうと別に上も下もない。魅力的も魅力的じゃないもない。お酒が好きであればそれだけで『ステキ!!』みたいな世界」ってことです。

 

 

たとえば、Aさんはワインが好きです。隣に座っているBさんが「Aさんって好きなお酒、何ですか??」とAさんに聞きました。Aさんは「ワインが好きです!!」と答えます。でも、Bさんはワインが苦手です。だからといって「あ、Aさんはワインが好きなんですね・・・僕とは合いませんね、サヨナラバイバイ」とはならないのがバーの世界観です。多くの場合、Bさんは「へぇーワイン好きなんですね!!僕、実はワイン苦手で・・・」と言った返しをします。そこでAさんは「そうなんですね!Bさんはちなみに好きなお酒は何ですか??」と質問を投げます。Bさんは「僕はウイスキーが好きですね!!」と返します。ここからまた会話は弾むわけです。

 

 

好きなお酒が一緒であれば勝手に盛り上がります。だって、だれかが自分と同じお酒が好きってだけで嬉しいものですから。。

ですが、好きなお酒が違うからこそ盛り上がったりもします。それはそれでおもしろいし、おたがい勉強になる部分もあるからです。

何より、「お酒が好き」「お酒を楽しむ空間が好き」「このバーが好き」という共通点がもともとあります。だからこそ出会えたわけです。それだけで相手から好かれる要素に溢れています。

 

 

好きなお酒でモテるモテないなんて話にはバーではなりません。素直に自分の好きなお酒への愛を語っていれば確実にモテます。ワインでもウイスキーでも日本酒でも泡盛でも良いんですよ、好きなお酒は。

 

 

あ、もし、モテなかったとしたら、それは無礼な態度を取ってしまっただとか、泥酔酩酊状態だったかの二択かと思いまーす笑。

関連記事:[現役BAR屋が語り尽くす!]「ハイボールが好きな女子はおじさん?モテない?」

 

 

まとめ

『バーで「好きなお酒は??」と聞かれた時、「○○」と答えたら確実にモテます!!』というお話をさせていただきました。

 

 

「好きなお酒は??」と聞かれた時、「あなたが本当に好きなお酒を素直に言えば確実にモテます!!」

 

 

「ワインが好きだとモテそう!!」とか、「かわいいカクテルが好きって言えばモテそう!!」とか、そんな妄想に耽っている方々、ホントに妄想も妄想です。バーの世界では、素直に好きなお酒を言える人がモテるように設計されています。

 

 

バーでモテるコツ、それは「自分に嘘をつかない」。シンプルなお話です。さ、ステキな夜を楽しみましょう。

 

 

おわり。

関連記事:[真実はひとつ!] ぶっちゃけた話、バーで恋人探しはできる!?

関連記事:バーで知り合って、そのまま「お付き合い」→「ご結婚」されたステキなふたりの話

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。