[ホントに!?] お客様は恋愛対象外!?

BAR屋とお客様の恋愛系話

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

付き合ってはいけない職業「3B」にめでたく選ばれております、僕の仕事「バーテンダー」。毎夜たくさんの出会いがあり、毎夜お客様からたくさんの良いお話を聞くことができ、毎夜ステキな時間が流れているバーの世界はとても華やかです。

 

 

ですが、何はともあれ「バーテンダー」という仕事のイメージがネット上ではあまりよろしくない。「付き合ってはいけない!!」だなんて思いっきり書かれてる始末ですから・・・。

(「ネット上では」と書いたのは、僕が働いているバーのお客様は「3B」だなんて僕たちバーテンダーに言ってこないので笑)

 

 

で、「バーテンダーと付き合ってはいけない!!」と言われている理由、それは「バーテンダーは女性との出会いがたくさんあるしモテるので色んな女性と遊んでいるから」です。

 

 

ま、言われまくりですね笑。まっとうに恋愛できない組のようなイメージなんでしょうね。

 

 

ということで今回は現役BAR屋で、「モテそうだから」という理由でバーの世界に飛び込んだ僕が「お客様は恋愛対象外!?」というお話をさせていただきます。

 

 

バーテンダーとお客様は恋愛関係に発展することはあるのか!?

それとも、あくまでバーテンダーにとってお客様はお客様でしかないのか!?

 

 

そこんとこ、実際にバーのカウンターに立ちながら生きてきた僕がリアルな世界線をお知らせいたします。では!!

 

 

[ホントに!?] お客様は恋愛対象外!?

結論から申し上げますと、

 

 

「お客様が恋愛対象になる場合はあります!!」

 

 

イメージ通りの回答でしたでしょうか?笑

 

 

「結局そういうことじゃん!!」

「やっぱり異性として見てるんじゃん!!」

 

 

なんて意見が聞こえてきそうです・・・。ま、ちょっとだけ話に付き合ってください。

 

 

バーテンダーは出会いが多いです。女性との出会いも当然の如くあります。それは認めましょう。ですけど、いらっしゃった女性のお客様全員を”異性”として物色しているわけないじゃないですか!!無理ですよ、バーテンダーだって別に常日頃からヒマを持て余してるわけじゃないですし、好きな人に一途なバーテンダーだっているし恋人にゾッコンなバーテンダーだっています。もちろん結婚してるバーテンダーだっていますよ。

関連記事:[嘘は一切なしのガチ本音!] 男性バーテンダーは女性のお客様を性的な目で見ているもの?

 

 

そりゃ「あのお客様、きれいだな・・・」とか思ったりすることはありますよ?でも、それはあくまで「きれいだな・・・」って思うだけであって、別にいいじゃないですか笑。

みなさまもありますよね?学校のクラスメイトや職場の先輩後輩、街中ですれ違った人を見て「あ、きれいだな・・・」「あ、かっこいい・・・」って思ったことの1回や2回くらい。それと一緒です。

 

 

なので、「きれいだな・・・」って思う女性のお客様と出会ったからといって「連絡先教えてください!!」「今度デートしてください!!」ってなるかと言われたらそんなことはもちろんなくて、あくまでも始めはバーのイチスタッフとして接します。つまり、「最初から女性のお客様とプライベートでの交流を持ちたいと思いながら働いているわけではない」ってことです。

関連記事:僕が初めていらっしゃった女性のお客様に連絡先を聞いた回数は2回。その理由は・・

 

 

ただ、人と人は出会ってから関係性が少しずつ変化していきますよね?友達になったり親友になったり、ライバルになったり犬猿の仲になったり。そして、恋愛関係になったりする場合もあります。

 

 

そうです。僕が「バーテンダーはお客様が恋愛対象になる場合はあります!!」と言ったのはまさに人と人との繋がりが生む偶然のことを伝えたいんです。バーテンダーだからどうのこうのではなくて、知らないふたりが出会って恋愛関係になることはありえますよね?つまり、「好きになった人がたまたまお客様ってことは変なことじゃないし、チャラいことでもない」んです。

 

 

ちなみに、「お客様はすべて恋愛対象外です!!」というスタンスで働いているバーテンダーはたくさんいます。特に女性のバーテンダーはその傾向にあります、多くの後輩がそう公言してきたのを耳にしてきましたので。ですが、僕のとある後輩の女性バーテンダーは常連のお客様とお付き合いする関係に発展し、のちに結婚しました。今でも夫婦仲良しで暮らしているそうです。

 

 

結局、恋愛的な感情って自然と生まれちゃうものなので、お客様だからとか同僚だからとかそういった話じゃないんですよね。好きになってしまったらそれはどうしようもないじゃないですか。ただ、事実女性との出会いが多いのでヤキモチを妬いてしまうタイプや疑い深いタイプの女性にとっては苦痛を伴う相手ではあると思います。そのへんのケアなり疑いをもたれないようにできるかどうかは本人の行い次第です。

関連記事:「仕方ないでしょ!」 嫉妬深い性格の人は彼氏彼女にバーテンダーを選ぶべきではない

関連記事:バーテンダーを彼氏彼女にする際に覚悟すべき3つの不安

 

 

まとめ

「お客様は恋愛対象外!?」というお話をさせていただきました。

 

 

「お客様が恋愛対象になる場合はあります!!」

 

 

それは、バーテンダーだって人間で、出会ってしまったお客様を好きになることくらいあるからです。たまたまバーテンダーは女性の方と出会う機会が多く、遊んでいるイメージがついてしまっていますが、お客様のことが好きになってしまったらそれは気持ちが向いてしまったんですから致し方ないことなんです。制御なんてできっこありません。そこを「バー」という空間を壊さないように、そして他のお客様に迷惑がかからないようにどうお客様と関係を構築していくかという点がバーテンダーとしての力量なのかなと思います。

 

 

ちなみに、バーテンダーでチャラチャラしている人はバーテンダーだからチャラチャラしてるんじゃなくて、もともとチャラチャラしてる人なんです。なので、公務員だろうがコンビニ店員さんだろうがシステムエンジニアさんだろろうが、チャラい人はチャラいです笑。

 

 

おわり。

関連記事:バーテンダーが「3B」に属されていることが絶対におかしいたったひとつの理由

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。