[永遠に飲めます!!] バーテンダーの超絶マストおつまみ5選(宅飲みver.)

「宅飲み」×「デート」

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

お酒の取り扱いを生業としております、僕たち「BAR屋(訳:バーテンダー)」

 

 

ビール、ウイスキー、ワイン、ブランデー、そしてカクテル。たくさんのお酒に触れてきたこの人生。気付けば、暑い日は「ビール飲みたい!!」、寒い日は「ビール飲みたい!!」、仕事終わりは「とりあえずハイボール!!」と叫ぶような人間に成長を遂げました。

 

 

むかしはぜんぜん飲めなかったのにな・・・。

関連記事:初めて銀座のバーに行った時に酔いつぶれかけた23歳の春の話

 

 

で、おいしくお酒を飲むためにはどうしても必要なモノ、それは「おつまみ」。たとえるなら「ドライブ中に流すBGM」「お祭りデートで食べる焼きそば」「夜景を飾る星たち」的なポジションを陣取る、大切なモノ。

 

 

おつまみのジャンル、クオリティーひとつでお酒のおいしさはピンからキリまで変化を強いられてしまいます。まさに「酒飲みを牛耳る”裏番長”」

 

 

みなさま、好きなおつまみ、ありますか??

「これがあれば永遠に飲めます!!」みたいなカラダの相性バッチリ的おつまみ、きっとあることと思います。

 

 

僕にもあります。「これさえあれば永遠に飲めます!!」という、おつまみ界の親友が。

 

 

ということで今回は現役BAR屋で、「『仕事とおつまみは妥協できない男』日本代表」の僕が、「バーテンダーの超絶マストおつまみ5選」と題しましてお話させていただきます。

 

 

知りたいくないですか??お酒に関するプロが愛するおつまみ。

実は、日常に溢れている、そして、お手頃価格で楽しめるモノばかりです。

では、さっそくご紹介を始めましょう!!

 

 

[永遠に飲めます!!] バーテンダーの超絶マストおつまみ5選

 

 

 

①[塩気の爆弾!!] イカの塩辛

スーパーでもコンビニでも売っている、まさに「きっとキミはお酒のお供になるために生まれてきたんだよ!!」と伝えても過言ではないイカの塩辛(←小さな頃、イカの塩辛はお米の上でだけ踊れるのかと思っていたのに・・・)。

 

 

イカの食感、絡みつく濃厚な塩気たっぷりのソース(←ソースとは言わないか笑)。うん、永遠に飲める。家でビールを飲むときの先頭打者はイカの塩辛で決まりです。

※ちなみに僕は、業務用サイズのイカの塩辛を買います。スーパーやコンビニで売っているサイズだと秒でなくなるので。

 

 

②[この辛さ、重罪!!] 食べるラー油

今から約10年前、品薄状態になってなかなか手に入らないほどのカリスマ的人気を誇っていた「食べるラー油」。今は人気も落ち着き、さまざまなメーカーさんから発売されています。

 

 

僕はこの「食べるラー油」をちょこっとずつ口に運んではビールを流し込むという飲み方が好きです。ラー油ならではの辛さ、ザクザクした具材の旨味、そして瓶ひとつ買えばしばらく買わなくて済むというコスパの良さ。うん、永遠に飲める。

※ちなみに、某業務スーパーさんにて売っている「食べるラー油」がお気に入りです。お酒を飲むために作られたかのような強い辛み、そして大容量で安い。完璧すぎる・・・。

 

 

③[シンプルながら酒が進む!!] 魚肉ソーセージ炒め

激安で、お手軽で、それなりに食べ応えのあるおつまみなら「魚肉ソーセージ炒め」がスタメン。家にある何かしらの油で炒めるだけで、それはもう立派なおつまみに大変身。あ、たっぷりの塩コショウで味付けしてくださいね。「ちょっと多いかな・・・」くらいがちょうど良きです。うん、永遠に飲める。

 

 

ジャンキーな味付けにしたい場合はマヨネーズや醬油を加えて炒めるのもアリです。塩コショウの濃さの上にさらに塗りたくる濃い味付け・・・おいしいに決まってます。

 

 

、冷蔵庫の中で使われていない野菜たちも一緒に炒めてしまえば、たとえ飲みすぎたとしても罪悪感も薄れること間違いなし!!

 

※余談ですけど、魚肉ソーセージのことは略すと「ぎょにソー」と言うらしいです。覚えておきましょう(←大学3年生の後輩アルバイトちゃんが言ってました。ビビりました、「略す場面、なかなかないでしょ!!」って笑)。

関連記事:末っ子のメンバーが元気だと、なんだか元気になれるって話

 

 

④[揚げ物サイコー!!] 鶏の唐揚げ

ビールやハイボールに合う定番中の定番、「鶏の唐揚げ」。そのドンピシャにビールやハイボールに合わせてくる精度たるや、まるでのび太くんの射的レベル。百発百中ですよホント。永遠に飲める。

 

 

ちなみに僕は業務用の鶏もも肉を買って、自分で唐揚げを作ります既製品は買いません。「揚げ物、大変じゃないですか??」とよく聞くフレーズですけど、僕的には「唐揚げを食べ切ってしまうことの方がはるかに大変です」といったところです。

 

 

??

どうゆーこと??

 

 

スーパーやコンビニで売られている「お惣菜唐揚げ」もおいしいですよ??でもでも、あいつら、そこそこの値段のくせに4個か5個しか入ってないじゃないですか、唐揚げ。4個か5個の唐揚げで、いったいどのくらいの時間、おいしくビールやハイボールが飲めますか??

 

 

せいぜい15分が限界です(←異論があれば承ります)。

 

 

なので、僕は自分で唐揚げを作ります。揚げます。食べたい分だけ揚げて、足りなくなったらまた揚げます。味付けだって自由自在に操ることができますし、良いことしかない。

関連記事:[現役BAR屋の宅飲み講座⑤] 揚げ物ばかりをおつまみにしても太らない!?

 

 

⑤[中毒性しかない・・・] ポテチ

ホントは大嫌いなんです。だって、他のおつまみに比べて圧倒的に糖質高いし、ジャンキーだし、すぐになくなるし。

 

 

でも、そんな健康志向な人々に罵られてきたポテチ、ホントは大好きなんです。だっておいしいし、お酒に合うし、袋を開けたらすぐに食べれるし、どこにでも売ってるし、どのメーカーさんのを買っても外れがないので・・・。

 

 

「マストなおつまみですか??」と聞かれたら、「いいえ、むしろなるべく避けてます」というのが本音です。でも、その「なるべく避けてます」と言ってる僕が、ポテチの誘惑に負けてしまう夜だってあるんです。そのくらい中毒性があり、手軽で、永遠に飲めちゃうポテチのポテンシャルよ・・・。

 

 

まとめ

「バーテンダーの超絶マストおつまみ5選(宅飲みver.)」と題してお話させていただきました。

 

 

 

 

 

バーテンダーだからという理由で、オシャレなおつまみでお酒を飲んでるイメージを持たれることがよくあります。ですけど、家でお酒を飲むときは「ただの酒好きな男」です。オシャレなおつまみも好きなんですけど、けっきょくは素朴というか、馴染みのあるおつまみに身を寄せてしまうのは人間の性なんでしょうかね。たとえるなら、パスタを連日食べると急に卵かけご飯が恋しくなるあの感覚のような・・・。

 

 

お酒はほどほどに。

とか言って、きょうもお酒に手を伸ばす僕・・・。

 

 

おわり。

関連記事:[そうですよね!!] バーテンダーはやっぱり毎日お酒を飲む!?

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。