「お酒一杯に対して水一杯」がなかなかできないあなたへのメッセージ

お酒と健康の話

こんばんは(*^-^*)西舘です。

 

 

カラダのこと、健康のことを考えた時によく「お酒一杯に対して水一杯を飲むといいです!!」という話を耳にします。聞いたことある方も多いのではないかと思います。

 

 

たとえば、ビールをグラスで一杯飲むのであれば、一緒に水もグラスで一杯飲みましょうってことです。お酒と同量の水分を摂取すれば脱水症状も起こりにくく、翌日もげんきに過ごすことができるというお話です。

 

 

お酒好きの方ならご経験があるのではないでしょうか。好きなだけ好きなお酒をひたすら飲みまくって翌日は廃人のような一日を過ごすみたいなご経験が・・・。翌日が廃人だった理由はもちろん「お酒の飲みすぎ」ですが、もしお酒と同量の水を飲み続けていたとしたら・・・

 

 

もしかしたら、廃人にはなっていなくて、一日をげんきに過ごすことができたかもしれませんよね?

 

 

ですが、お酒を一杯飲むたびに水を一杯飲まなければいけないなんて、酒飲みな方からすれば異常なルールのゲームですよね?二杯目のお酒を手に入れるためには水を必ず一杯飲み切らなくてはいけないんですからね、カンタンに見えて実はかなりハードルの高いノルマです。

 

 

はい、そこで今回は現役BAR屋で、”水を飲みながらお酒を飲む習慣がいまだに浸透しない=なんの説得力もない僕”が、『「お酒一杯に対して水一杯」がなかなかできないあなたへのメッセージ』と題しまして、おひとつあなたの背中を押させていただきます。

 

 

お酒一杯に対して水一杯。

この地獄ゲームを攻略できないあなたは、ダメ人間なのでしょうか。

それとも、この地獄ゲームを攻略することができる人間なのでしょうか。

いままで数えきれないお客様へお酒を提供させていただいてきた僕が、メッセージをお送りいたします。では!!

 

 

「お酒一杯に対して水一杯」がなかなかできないあなたへのメッセージ

「お酒一杯に対して水一杯」がなかなかできないあなたへ僕がお伝えしたいこと、それは、

 

 

「ムリして水を飲むくらいなら全力でお酒を楽しんで!!」です。

 

 

はい、「お酒一杯に対して水一杯」がカラダに優しいことはわかっています。ですが、カラダに優しいからといってそのルールを頑なに守ることによって「お酒を飲む」こと自体が楽しめなくなったとしたら??

 

 

本末転倒もいいところです

「なんのためにお酒を飲むんですか??」って話ですよ。

 

 

そう「なんのためにお酒を飲むんですか??」

 

 

お酒を飲む理由、目的は「気分を上げてその時間を楽しむため」「自分へのご褒美」「息抜き」ですよね??

 

 

つまり、「お酒を飲むこと」はあくまで手段であって目的「時間を楽しむこと」ってことです。

 

 

ま、カンタンに言うと、「水を飲むのが辛いなら、水を飲むことなんて忘れて全力でお酒を楽しんだ方がいいのでは??ってことです。なかなか進まない水を片手に「ぜんぜん水を飲む気になれないな・・・」と考え続けながら過ごす時間はさぞつまらないことでしょう。せっかくのおいしいお酒も台無しです。

 

 

たとえば、「1時間ゲームをしたら1時間休みなさい」って先生に言われたとします。目のことを考えたらずっと画面を眺め続けることは良くないことでしょう。そんなことゲームをしている本人だってなんとなく知っているはずです。だから1時間ゲームをしたら1時間休むべきです。でも、「ここで止めるのホント嫌!!」みたいなタイミングってあると思うんですよ。「もうちょっとでクリアできるのに!!」とか「いま戦闘シーンの最中なのに!!」とか。

 

 

そんな状況で1時間の休憩を挟んだとしたら・・・

 

 

その1時間、めちゃくちゃしんどいですよね??

ゲームを再開した時、休憩する前のテンションに戻れるかどうかもわからないですよね??

つまり、休憩することによって「時間を楽しむこと」という本来の目的が邪魔をされてしまう可能性があるってことです

 

 

僕は「BAR屋」です。お客様のカラダのことももちろん考えながら仕事をしています。カラダについての勉強、栄養についての勉強、健康についての勉強もそれなりにしてきたからこそ「お酒一杯に対して水一杯」がどれだけ大切かを知っています。

 

 

ですが、お酒を飲むこと自体が苦痛になるようなルールを守りながらお酒を嗜むことはオススメしません

 

 

だって、辛いじゃないですか??ひとつも進まない水を一生懸命飲み、そのせいでおなか一杯になって飲みたいお酒がなかなか進まない状況なんてお酒好きの僕に言わせたら「まさに生き地獄!!」でしかありません。

 

 

飲みたくなったら飲めばいいんですよ、水は。それまでは好きにお酒を楽しんでいただきたいです。

もちろん、飲みすぎは注意ですよ??でも、飲みすぎちゃう、そんな夜もきっとあるでしょう。そんな夜もあるから変に後悔したり嫌な気持ちにならないでスッと受け入れましょう。悪いことじゃありません。僕は毎週そんな夜を迎えています笑。

 

 

おわり。

関連記事:[迷惑かけてごめんなさい・・] バーテンダーがやってしまった先輩のバーでの失敗談

The following two tabs change content below.

yuki_nicccy

札幌のピアノバー”STYLISH D”の店長。 1985年生まれ。21歳の冬にBAR屋の職に就き、現在まで延べ10万人以上のお客様と接する。 趣味は「楽しくお酒を飲みながらさまざまな人と話すこと」「読書」「カフェで引きこもること」「北海道コンサドーレ札幌の応援」。